51.ファイナルファンタジー3(DS)レビュー

ファイナルファンタジー3画像1

発売日:2006年8月24日

開発元:マトリックス

発売元:スクウェア・エニックス

希望小売価格:6,151円(税込)

個人的ランク:C

ファイナルファンタジーIIIを購入[Amazon]

大まかなストーリー

大地震により、クリスタルが地中に引きずり込まれ、モンスターが世に解き放たれた。
しかし、それすら瑣末なことにすぎなかった。
すべてのバランスが崩れ、世界は闇に包まれようとしていたのである。

物語はみなしごであるルーネスが祭壇の洞窟で落とし穴に落ちるところから始まる。
その洞窟の奥で風のクリスタルに遭遇し、クリスタルから運命を共にする仲間を集めるよう促される。
ウルに戻ったルーネスはトパパから自らがみなしごであることを告げられる。

一方その頃アルクゥは、幽霊が出るとうわさのカズスヘ単身乗り込もうとしており、ルーネスは彼と合流。
村人たちがジンの呪いにより幽霊にされてしまっていたのを目撃した二人は、
酒場でシドなる人物と出会い彼の飛空艇の隠し場所を告げられる。
その飛空艇には、家出していたため難を逃れていたレフィアがいた。

カズスを救うために必要なミスリルの指輪の在り処を聞いた二人とレフィアは、
サスーン王に会うべくサスーン城へ向かい、城門でイングズという兵士と出会う。
サスーン王との会話でミスリルの指輪を持つ王女サラがジンにさらわれた可能性があると知った一行は、
イングズを仲間に加え、封印の洞窟へ向かうことになった。

封印の洞窟でサラと出会ったルーネスたちは、ジンとの戦闘を交えた後、風のクリスタルにより祭壇の洞窟へと召喚される。
そこで、風のクリスタルから光の啓示を受け、ジョブチェンジの力を授かった4人は、クリスタルの意思と心を汲み、
闇を払い世界に再び光を齎すため旅立つ決意をする。

ファイナルファンタジー3画像2

本作の見所

・FC版を全面リメイク。中断セーブが出来るようになったり、道具の整頓ができたり、便利な機能が備わった。

・4人の主人公にキャラクター設定や個性が与えられたことで、よりドラマチックなストーリーを味わえるようになった。

・エンカウント率に調整が行われ、より快適にプレイできるようになった。

・モンスター図鑑や、クリアタイムや逃走回数などが確認できるやりこみデータなどが新たに追加された。

◆ファイナルファンタジー3の総評◆

FF3は、初期のFF作品の中では一番好きな作だったが…正直、リメイク失敗の感が否めなかった。
エンカウント率の調整や便利機能の搭載など、改良された点もいくつかあったが、
もっさりしたアクションや中途半端な画質の3D化、音楽のしょぼさなどのマイナス面で相殺され、
主人公達に個性が与えられたとはいえ、FF3の魅力は生かし切れていなかったように思う。
グラフィックも無理に3D化するくらいであれば、綺麗な2Dで描かれていた方がよっぽど良かった気がする。
RPGとしては無理ない造りで、辛口気味ではあるがラストダンジョンを抜かせば終盤まで辿り着くのは難しくない難易度。
そのあたりは激ムズだった初期作に比べて多少マイルドになり、親しみやすくなったと考えればプラス点か。
しかし総じて、RPGとしてはそこそこ、FF3としてはしょぼしょぼという印象だった。

◆ファイナルファンタジー3の音楽◆

正直、これといったのは無かったが……
好きだったのは、通常戦闘曲(バトル1)ボス戦の曲(バトル2)フィールドの曲(悠久の風)古代人の村のテーマ
果てしなき大海原水の巫女エリアラスボスのテーマ(最後の死闘3)など色々とあるが、
特に好きだったのはFF3の中でも屈指の名シーンに携わる曲の果てしなき大海原水の巫女エリア
ただしFC版に限る…。
FC版が良すぎたのか、リメイクが下手だったのかは定かではないが、本作ではどの曲もイマイチパッとしなかった。
ただ、闇のクリスタル(ラストダンジョンのテーマ)はリメイク版も良かった。

◆ファイナルファンタジー3のシステム◆

まず、元々2Dだったものが3Dに描き直され、四方八方自由に歩けるようになった。
ただ、FF7に毛が生えた程度のカクカクのポリゴンなので、感動は皆無…
大きな骨格としては原作と一緒だが、中断セーブや道具の整頓、道具のまとめ買い、エンカウント率の調整、
ジョブの性能の調整、戦闘バランスの調整などが行われている。
そして、主人公に個性が与えられたことにより、台詞が新たに色々と設けられたりしたのは大きな変更点。
ただ、原作の雰囲気を壊さないための配慮か、あまりドラマチックな内容にまでは仕上がっていない。
動きももっさりしていたり、ロード時間が長めだったり、リメイクしたにしてはユーザビリティが悪いのはなぜなのか。


※これ以降、ネタバレを少し含みますのでご注意下さい。

◆ファイナルファンタジー3の展開◆

FF3はFC版で2・3回クリアしたことがあるので特に目新しい展開はないものの、
今回主人公がキャラクター設定が行われたために、主人公って男?女?で悩まなくて済むようになった。

というかFC版の設定って元々男4人の設定だったのね……

グラフィックによっては女の子っぽいグラ(白魔導士とか)もあったから、
勝手にこっちの勝手な解釈で女の子もいる設定で進めていたよ。

グラフィックはカクカクだし、音楽はちょっとしょぼめだし、
初っ端からゲンナリしてしまったけども、
ひとまず大好きなFF3ということで、
カズス→サスーン城→封印の洞窟→ドラゴンの住む山と順調に進めた。

敵は初っ端から強く、カズスにあった鉱山に好奇心で行ったら
スケルトンによって全滅の憂き目に遭ってしまい、敵の配置凶悪だろ!と思ったけど、
考えてみたら原作が元々凶悪なんだった。

とはいえここまでは特段苦戦する場面はなかったけど、
オーエンの塔やハインの城あたりから雑魚敵だけでも厳しくなってくる。

このへんは淡々と進め過ぎていて正直あまり記憶に残っていないな…

ただ、改悪だったと思っていたこのリメイク版も、
浮遊大陸~水の洞窟までの流れはさすがに凝っていて、専用のビジュアルが用意されていて
ルーネスが『何だこれは…』とか声を漏らしていて『おおっ!』と思ったのを覚えている。

世界がモヤがかっていて、まるで異世界に来てしまったような風景で
カオスで虚無感のある世界観がよく表れていたと思う(ちょっと誇張表現し過ぎな気もしたけど)。

このあたりは本作で一番印象深く
エリアの最期のシーンは結末が分かっていたにも関わらず不覚にも泣けてしまった。

ずっと眠り続けていて、せっかく目覚めたと思ったら短い時間で、そして短い生涯を閉じてしまうことになるとは…

FFシリーズの中でも屈指の悲劇のヒロインに入ると思う。

ファイナルファンタジー3画像3

大陸がようやく浮上し、訪れた最初の町のアムルは意識してかしてないか、
エリアがいなくなった虚無感を煽るようなどこか寂しげで優しげなテーマとなっている。

フィールドを適当にぶらついていたら、
ゴールドルの館の前の底なし沼に落ちてゲームオーバーになってしまった笑

飛空艇を取り戻してからは大分行く場所が自由になるが、
サロニアの上空を通りがかると急に砲撃されて、飛空艇が撃ち落されて木っ端微塵に。

うわぁぁぁ……俺の飛空艇!!

一度撃墜されたらもう後戻りできなくなるし、
何の予兆も無いので、セーブしてないとそのまま進めていいものかどうか不安になる箇所。

そしてこの先は本作屈指の難所、ガルーダ戦が待っている。

竜騎士四人揃えて戦えば乗り越えやすいとは分かってはいつつも、1・2回全滅してしまったが、何とか突破。

まったく、空を通りがかるだけで撃墜されるとはとんでもない国だ。

ここまで、パーティーは主にナイト・モンク(空手家)・白魔導士(導士)・風水士で来ていて
召喚士を使うことはほぼ無かったが、カタスト・リバイア・バハムルは入手しておいた。

ドーガとウネの戦闘は、ウネの方が辛かったな。

ラストダンジョンに向かうまでの8体の像では、
ここでも普通に突っ込んで行こうとしたらゲームオーバーになってしまった笑

このあたりはリメイクされてもシビアだね。

さて、本作のトラウマ的箇所であるラストダンジョンだが、ここは相変わらずキツい。

禁断の地エウレカも含めて一気に行こうとすると3時間はかかるので、
全滅すると投げ出したくなること請け合い。

実際、エウレカは突破後だったがラスボスでやられてしまい、
2時間以上の努力がパーになった時はしばらく手が止まってしまった。

ザンデと戦うまでにやれるだけのことをやって、レベルも上げるだけ上げておいてから挑むのが吉かと思われる。
(ちなみにクリアしたデータはレベル54、クリア後は57になっていたので、
上げに上げておいても行く途中にもレベルは上がっていく)

ザンデは正直強さ的にはそこまででもなかったな。

それより三回攻撃してくるケルベロスや、トルネドやクエイクを使ってくるエキドナの方が脅威だった。

そして、ラスボス。

正直、ラスボスは本体と触手と別々に攻撃できることを、攻略を見るまで知らなかった……

暗闇の雲といえば波動砲のイメージだけど、初めは打撃しか使ってこないので『こんなもん?』と拍子抜けしていたら
後半バンバン使ってきて、しかも触手も攻撃してくるので回復を使ってもこらえきれず、遂には全滅……

触手め……

触手の『いかずち』め……

あれがなければ、波動砲だけでやられることは無かったんだ!

気を取り直して(大分日が経った後に)再チャレンジして、
二度目も何とかザンデや四匹のボスにやられることなく、ラスボスまで到達。

今度はちゃんと触手から攻撃。

臭い息を使われたりもしたけど、全員リボンを装備しているおかげで何の影響も無し。

どんなリボンだ。

触手を倒して本体だけにしたおかげで、波動砲を使われても大分戦闘は楽になった。

楽になったとはいえ二回攻撃なのでそれでも安心はできなく、
これにプラスいかずちとか初めから無理ゲーだったんだとは思ったが、
何とか今回は撃破!無事クリアできた。

リメイクとはいえ原作がFC版なので、エンディングはわりとあっさりしたもんだったけど、
クリアした嬉しさというよりやっと終わったというホッと一息感の方が勝っていたかな……

もっと全身全霊込めて、原作の良さを上回るほどのリメイクを見せて欲しかった。


▲ページの先頭へ戻る

※検索で辿り着いた方はこちらよりアンチドーテHPのトップページへ移動出来ます。