52.ソングマスター(SFC)レビュー

ソングマスター画像1

発売日:1992年11月27日

開発・発売元:やのまん

定価:9,437円(税込)

個人的ランク:C

大まかなストーリー

広大なアルビオン大陸にあるリムリック王国。
この国に属する孤島ティリスは、リムリック建国の地として、そしてシンガーギルド発祥の地として名を馳せていた。

建国の父ケイン王が、光の神々を助け、暗黒の力と戦った恩賞として二つの宝を得た。
一つはティリスを含む自然豊かなリムリック王国と聖なる歌、聖詩歌の秘法の伝授であった。
神々は、ケイン王にこの秘術を教え、伝え広めるように諭した。
それ故、彼の王は、ソングマスターと呼ばれるようになった。

ケインの時代から、いく世代が過ぎたある時、シンガーのギルドにシンガーを目指すユーリ・フェルムという少年がいた。
彼は、現在のギルドの長で、ソングマスターとして歴代でも名高い才能を持つロビントンの孫として、幼くして類稀な資質を見せていた。
しかし、彼の成長にともない異常なまでに発達した能力は、人々にとって、驚愕から恐怖へと変わっていった。
一計を案じたロビントンは、古き友人でエルフの王でもあるユーシス・エル・ラーンに相談を持ちかけ、
精神の修行をかねて、ユーリの幼なじみであるシオンと共に気ままな旅に出すことにした。
しかし、彼らの旅は世界を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれて行く。

ソングマスター画像2

本作の見所

・魔法という存在の代わりに『歌』を使って攻撃したり回復したりする一風変わった設定。

・テンポの良いストーリー展開。ワールドマップは簡略化され、地名を選択するだけで移動できる設定。

・オーソドックスなゲーム性。変わった設定ながらも、戦闘やシステム面など、王道的なスタイルを取っている。

・敵のHPが分かったり、説明書がしっかりしていたり、細かいところで凝っていたり親切設計だったりする。

◆ソングマスターの総評◆

正直、部類としてはクソゲーに入るんだろう…
『歌』という要素を扱いながら、それをまったく生かしきっていなく、
『魔法』をただ『歌』と呼んだだけ、くらいの意味のない扱いだったのが残念だった。
これであれば魔法の代わりに歌武器という要素を使ったカブキロックスの方がまだ特殊感があったように思う。

新しい要素を取り入れているようでその実オーソドックスなRPGなのだが、
ゲームバランスが悪かったり描写が稚拙だったり、普通のRPGとして見ても質は悪い方なので快適な面白さとは程遠い。
ひとまずテンポ良く話が進むので折れることなくラストまではたどり着けたが、
無類のRPG好きやクソゲーも楽しめるくらいじゃないとモチベーションは続かなさそう。
クソゲーならクソゲーで、ネタにできるような際立った要素があれば面白いもんだけど(アンシャントロマンのように)
そういうのも無く無個性なので、特にどういう人にお勧めできるというのが思い浮かばないのも残念…

◆ソングマスターの音楽◆

これも正直、パッとしたものは思い浮かばない…
良い曲かどうかはともかく街のテーマは印象的で頭に残りやすかった。
なぜか全体的に明るく、軽妙で緊張感のないアップテンポな曲ばかりだった(戦闘曲も含み)。
元々重苦しい世界観ではなかったが、この無駄にジャカジャカとさせた軽妙さは作品に重厚感を感じさせなかった要因の一つだったと思う。

◆ソングマスターのシステム◆

基本的には、世界を冒険して町やダンジョンを巡りながらモンスターと戦い、経験値やお金を得てキャラクターを強化させていく
オーソドックスなRPG形式。
フィールドは行き先を選択するだけでその場所に行けるロマサガのようなスタイルで簡略化されている。
ただ、歩行速度が当時の時代状況を考えてもかなり遅く、フィールドが簡略化された良さを帳消しにするほどのストレス感だった。
戦闘の形式はキャラクターを移動させることができるタクティカルバトルっぽい形式だが、
『ぽい』だけで戦略性はなく、その実ドラクエのようなコマンド式のオーソドックスな戦闘と何ら変わりはない。
そしてゲームバランスは悪く、例えば雑魚敵が異様にタフだったり、通常攻撃がほとんど意味をなさなかったり、弓が異様に強かったり…
それに引き換えボス戦はそこまで苦戦する場面はないので壁に当たることはないが、もっと調整をしっかり行ってほしかった。
グラフィックは特別綺麗でも悪くもなく。


※これ以降、ネタバレを少し含みますのでご注意下さい。

◆ソングマスターの展開◆

主人公はソングマスターを目指すユーリ、そこに幼馴染の剣士シオンが仲間になり、
この戦士&魔法使いのバランスの良い二人組で物語は開始する。

当然二人ともレベルは1なんだけども、
そこにレベルが10もある妖精の王様で強力なエル・ラーンが仲間に加わる。

しばらくはこのエル・ラーン先生の加護を受けながら旅を続ける形となりそうだ。

と思ったら、
序盤の洞窟のイベントでエル・ラーンに「私はここにいますので先に行って下さい」と言われ、無情にも戦線離脱…

いやいや、先生頼みますよ!!(むしろ残らせるならシオンに!)

まだ二人だけで何とかできるほどの戦力は整っていないのに……!

という心の叫びも空しく、先生は微動だにせず。

その後、大勢の雑魚敵にタコられて初っ端からゲームオーバーになってしまった。

くそう……
正直いきなり出鼻をくじかれて萎えたけども、気を取り直して冒険再開。

基本的に作りはオーソドックスなRPGっぽいが、口利き屋でアルバイトを紹介してもらったり、乗り合い馬車の駅というのがあったり、
フィールドは簡略化されていたり、地味に特徴的だった部分がある。

キャラクターが顔グラ付きだったり、アイテムも一つ一つアイコングラフィックが用意されているのは好印象。

戦闘は隊形を変えられたりはできるもののあまり意味はなく、基本的には魔法押しで進めていく形のようだ。

敵のHPが分かる形式なのはありがたい。

ただ、エフェクトの時間が長く、テンポはあまり良くないかな……エンカウント率もやや高めか。

物語は、山賊退治を経て、ゴブリンとの交渉、王子の誘拐、レッドオーブ……
とだんだんと広がりを見せていく。

それにしてもダンジョンばかりなゲームだ。

まあフィールドが簡略化されているから自ずとメインはダンジョンになるのは仕方ないんだけども……

何かどこにしても岩の洞窟と木ばかりの森をただ歩いているだけのような気が。

グラの使い回しも程々にしてくれ。

そして随分と無造作に、道端にゴロゴロと宝箱が置いてある

ドラクエ3のラーの鏡がある洞窟を彷彿とさせるけど、
誰が置いたのかなんて野暮なことを言うつもりはないけども、もうちょっと置き場を考えてほしいもんだ。

ソングマスター画像3

その後、町を渡り歩きながら行動範囲は次々と広がり、一通り大陸をグルッと回れるくらいになる。
フェリオンという老人を探す目的があるものの、追いかけっこのように姿は掴めず。

町や地名の名前がなかなか頭に定着せず、次行くところがどこなのか分からなくなった箇所が結構あった。

このあたりから雑魚敵が強くなってきて、一回一回の戦闘がキツくなってくる。
最高級の魔法を使えば太刀打ちはできるんだけども、MPとの兼ね合いがあるのであまり連戦は出来ず。

たまに魔法がまったく効かない敵も現れたりして、
ダメージがあまり与えられない直接攻撃でチクチクダメージを削らないとならなかったりしたのはストレスだった。

オーブを集めている盗賊ギルドを追っているうち、その黒幕の存在と野望について知ることになる。

ふうーむ、どうも物語的にはエルフやドワーフなどファンタジー世界の存在がありながらも
魔王が現れて世界征服をたくらまれるとか異界の存在がすべてを破壊にしに来るとかではなく、
人間の野望や野心が世界を狂わそうとする血なまぐさい話みたいだ。

邪神を復活させて、世界を焦土に変えようとする……まるでドラクエ2

しかしソングマスターのソングは一体どこで関わっているのだろうか……

結構物事が大きくなっていっているわりに淡々と物語が進んでいくので
あまり印象深かったシーンは無いけども、
○○が全部奪われたら誰々が復活してしまう!!阻止せねば!!
って話ってまず全部奪われるよね。

一つも奪われなかったぜ!いやーよかったよかった!って話は見たことがない。

そして、遂に国同士の大きな戦いへと広がっていった後、
主人公が実は○○という宿命を背負った○○だった!!みたいなお決まりの展開を経て、
ラストの匂いを匂わせるようになってくる。

のはいいんだけど、突如として現れた機械要塞。

な、何だこのSF展開は……

思い浮かんだのは同じSFCのRPGのスラップスティック

あれも唐突なSF展開だったけど、あっちはロボットとかメカ系の存在が元々あっただけまだいい。

こっちは機械的な存在はこれまで全く出てこなかった純?ファンタジーな世界だったはずなのに…

そしてソングの存在とは……

ラストダンジョンは想像通り、メカメカしい要塞だった。

ラスボスはまあ、面白いグラフィックといえば面白かったけど、迫力には欠けたかなあ……
音楽と共に。

エンディングはドラマチックな演出を考えてなのか、ドット絵を駆使したアニメムービーで描かれていたけども、
いやいや無理しないで普通に操作画面のままでやった方がよかったんでないの……?
頑張ったんだろうけど、絵の質が……

そして最後の最後で取って付けたようにソングが関わってきた。

ようやくここにきてソングが。

ヤバい、歌という珍しい設定を元に作ってはみたものの何か普通のRPGになっちゃった……最後だけでも盛り込まないと!感があったけど、
まあ、ドラクエも何がドラゴンのクエストなのかよく分からない作もあったしなあ。

最後に、恋愛関係はよく分からないところでそれぞれくっついた。

どこで良いムードになったか分からないユーリもそうだけど、
シオンはまさか序盤の小さなイベントでちょっと絡んだだけの子とくっつくとは……

分からんもんだ。


▲ページの先頭へ戻る

※検索で辿り着いた方はこちらよりアンチドーテHPのトップページへ移動出来ます。