56.モンスターハンター ストーリーズ(3DS)レビュー

モンスターハンター ストーリーズ画像1

発売日:2016年10月8日

開発元・発売元:マーベラス、カプコン

定価:5,800円(税抜)

個人的ランク:B

大まかなストーリー

モンスターライダーとは…
『モンスターと絆を結びし者たち』のこと。

ライダーは「絆石(きずないし)」を介して、
モンスターと絆を深め、
秘められた能力を目覚めさせることができる。

物語の始まりはライダーの村。
村はハンターたちの社会から遠く離れ、
閉ざされたところにある。

主人公は村長から絆石を授かり、
与えられた試練を乗り越えてライダーとなる。

やがて、相棒であるナビルーと共に、
ライダーとして成長を重ねた主人公は、
村の外の世界へ旅立つことを決意する。

モンスターハンター ストーリーズ画像2

本作の見所

・モンハンで馴染みのモンスターを仲間にして共闘できる、モンハンとは一風変わった楽しみ方が出来る。

・王道的なストーリー。モンハンテイストを損なわずして、親しみやすい展開が繰り広げられる。

・子供でも取っつきやすい、可愛らしいグラフィックに分かりやすいシステム。万人向けの内容となっている。

・レアなタマゴ集めやライドアクション、オトモン探検隊、オトモンの育成など、RPG要素を盛り上げるシステムが多い。

◆モンスターハンター ストーリーズの総評◆

この作を一言で評するなら『なかなかに面白かった』に尽きる。
並の面白さかと言えばそれ以上だし、物凄く面白かったかと言えばそこまでではない印象。
かなり丁寧に作られていて、完成度は高い方だと思うが、
総じて『子供が好きそう』とも『ポケモンに似てる』とも感じる世界観は、個人的なツボではなかった。

ストーリーは王道的で親しみやすく、しっかりとメリハリはあってグッと来たりはしたが、大人向けな内容ではない。
ただ、モンハンの世界を違う角度から楽しめる感覚は正直に面白く
今までは敵だったモンスターが仲間となって背に乗せてくれたり、一緒に戦ってくれる感動は、モンハンを知る人ほど楽しめると思う。
もう少し大人向けにシフトして、内容を掘り下げてくれたらもっとハマったんじゃないかと思う。

◆モンスターハンター ストーリーズの音楽◆

音楽はモンハンのテイストをしっかりと受け継いでいて、曲を聴くだけでもモンハンを彷彿とさせるほど。
オーケストラ調の質の良いサウンドでどの曲も聴き心地はいいが、
正直、テイストがツボじゃないせいか『これだ!』という心に残った曲はほとんど無かった。
聴けば『ああ、こういう曲だったな』と思い出すくらいの感覚。
ただ、場面ごとに実に多彩な曲が用意されていて、曲数の多さはかなりのもの。

◆モンスターハンター ストーリーズのシステム◆

まず、冒険の主体となるのは主人公ただ一人。
オトモンとしてモンスターを仲間には出来るが、(当然)会話は出来ないし、戦闘も基本指示は出来ないので、純粋に戦力としてのみの存在となる。
武器や防具を購入して・あるいは作成して、強化して、モンスターに挑んで、という流れは従来のモンハンと同様だが、
戦闘はコマンド式・ターン制で、レベルやステータス等の概念があるところがRPGとしての本作の特徴
難易度はそう高くないが、後半は全滅してしまいそうなシーンがいくつかあった。
戦闘の特徴としては、3すくみとなるじゃんけんの形のような基本攻撃があったり、オトモンと基本攻撃が揃うとダブルアクションが発動したり、
時折単純なボタン操作が求められるミニゲームが起こったり、シンプルながらも凝ったシステムとなっていて飽きさせない。
ストーリーは王道的・万人向けでそれだけだと単調とも言えるが、
サブクエストやオトモン探検隊、タマゴ集めなどのサブ要素が全体をサポートしている。


※これ以降、ネタバレを少し含みますのでご注意下さい。

◆モンスターハンター ストーリーズの展開◆

まずは主人公の外見グラフィックの作成。

とても世界なんて救えなさそうなシュールなパターンもあったけど、
無難に青髪の目がキリッとしたイケメン少年を作った。

オープニングムービーが挿入され、
作成した主人公がムービーでグリグリ動いていたのが驚き!

最初の村でご丁寧にチュートリアルを受けた後、
試練としてポルデ山の洞窟へ。

そこで初っ端のボスとして立ちはだかったのが……

何と、ナルガクルガ!!

普通に倒すことが出来たけど、
旅に出たての大した装備もしてない小さい男の子と
仲間のドスランポスだけで撃退出来たことに物凄く違和感……

本家モンハンの世界だったらかすり傷も与えられず3落ちしそう。

このゲームは本家モンハンと同じく、
1回やられただけなら負けにはならず、HP満タンで蘇り、
3回やられる……3落ちしたら負けとなるシステムとなっている。

2落ちすると本格的に焦り出す、あの独特の感覚が本作でも味わえるのは面白い。

アオアシラやドスイーオス、イャンクック先生などの層々たる顔ぶれが
次から次へとボスキャラとして投入され、
それをコマンド式バトルで倒すという不思議な感覚を抱いたまま、物語は進んでいく。

最初のフィールドの大ボスとして現れたのは、
以前も戦ったナルガクルガ。

何とか倒せたけど、思いのほかボス戦は歯応えがある。

一見するとポケモンっぽい雰囲気の本作だけど、難易度はわりと簡単ではない感覚だ。

次のフィールドはガラリと景色が変わって、雪原。

突如出てきた本作のヒロイン?と思しきアユリアがめちゃめちゃ可愛い。

まさかモンハンでこんな萌えキャラが出てくるとは!!

しかもツンデレ属性も備えているようだ。

アユリアに心奪われたまま雪原をクリア。

このあたりの主力オトモンはリオレイアにアオアシラ等を使っていた。

雪原を越えたら、またもフィールドはガラリと変わり、桜吹雪が美しいコベニー峠へ。

ここで思わぬ事態が発生。

二つ名を持ったリオレイアが近くの洞窟にいたので、意気揚々と倒しに向かったら……

呆気なく3落ち。

これがまた異様な強さで、雪原の大ボスフルフルを屠った
主力のリオレイアやアオアシラが手も足も出ない!

主人公がHP満タンでも二撃でやられてしまうほどの恐ろしい強さで、
到底敵わないと悟ってしばらく放置し、倒したのは結構先になってからだった。

自分と同じ思いをした人は絶対相当数いるはずだ。

モンスターハンター ストーリーズ画像3

だだっ広いギルデカランを越えた後は、
モンソーネ平原→パプダの密林→クバ砂漠と順調に進んだ。

クバの洞窟で出たボルボロスは頭の部分が気持ち悪い。

一度としてオトモンで使ったことが無かった。

このあたりでキツかったのは、ドスガレオス→改造ボルボロスの連戦。
改造ボルボロスは特にキツく、敵に何もしないターンがあったからいいけど
回復を追いつかせるのがやっとの戦いで、かなり辛勝だった。

一度ギルデカランに戻り、かつての盟友?リオレウスを仲間に。

空を飛べるのが凄く心地いい。

彼はその後、最後の最後まで主力メンバーとして活躍することに。

フルクライトジオを越え、ドヴァン火山に辿り着くと、
またしてもキツいボス戦・改造ウラガンキン戦に遭遇。

またしても改造系。

周りの火薬岩を壊すのも簡単ではなく、そっちを壊している間はウラガンキンにダメージを与えられないし、
次から次へと火薬岩を作り出してくるので倒すのが本当に手間取った。

豪雷ブレスもキツかったし。

その後に戦った改造アグナコトルも相変わらずの辛勝。

ただ、それからのクプニ村→ザオバブ渓谷→バブダの巨大樹まではわりとすんなりと進められた。

道中出てきたケチャワチャの扱いの高さには納得いかなかったけど…

アグナコトルやリオレイアとかよりケチャワチャの方が強いってどういうことだ。

シュヴァルとの何度目かの戦いを超えた後はいよいよラストがうかがえる展開になってきた。

ラギアクルスやキリン達を討伐し、
ラストダンジョンではジンオウガ亜種、ブラキディオス、イビルジョーと、層々たる面々を次々撃破。

だが、そこで圧倒的な壁として立ちはだかったのは……

ラージャン。

このラージャンはイベント戦ではないので戦わずともクリアは可能なんだけど、
正直、ラスボスより強かった。

怒り状態のパワーコンボが鬼畜過ぎる。

倒した時はどれだけ力強くガッツポーズを決めたことか……

てなわけで、ラスボスは苦戦しなかったわけではなかったけど
ラージャンほど打ちのめされそうになったわけでもなく。

晴れてエンディングへ突入。

最終的な主力メンバーは、リオレウス、リオレイア、ブラキディオス、グラビモス亜種、ラギアクルスあたり。

アユリアとの関係の進展を期待していたけど、
そこはさすが硬派なモンハン、不埒な要素はまったく匂わせず、
クリーンな関係のまま最後を迎えました…とさ。


▲ページの先頭へ戻る

※検索で辿り着いた方はこちらよりアンチドーテHPのトップページへ移動出来ます。