57.レナス2(SFC)レビュー

レナス2画像1

発売日:1996年7月26日

開発元:?

発売元:アスミック

定価: 10,778円(税込)

個人的ランク:C+

大まかなストーリー

暗い闇に覆われた地底世界アンデル。
光をもたらす「神」として目覚めた少年ファルスは、5人の使徒と共に「大統一」の儀式を行うため旅立つ。
だが、その目的の影には恐るべき陰謀が渦巻いていた…。

レナス2画像2

本作の見所

・独特な雰囲気を持つグラフィックや世界観。一風変わった世界のRPGを楽しめる。

・一風変わりながらもバラエティに富み、作品の雰囲気を盛り上げるBGMの数々。

・自分で好きなパーティーを組める傭兵システム。傭兵はそれぞれ主人公と共に成長もしていく。

・レースゲームがあったり、自分の家を持てたりなどのサブ要素のバリエーションの豊富さ。

◆レナス2の総評◆

この作は、正直なところ一度放置状態になってから再開させたゲームなので、クリアまでに物凄く時間がかかった作だった。

総じて、一風変わったグラフィックやBGMが織りなす世界観は面白かったが、面倒な要素が多く、イマイチハマり込めなかった。
世界観だけでなくシステム面も一風変わっていたが、それが残念ながらプラスには作用されていなかったように思う。
色々とドラマチックな展開ではあるが表現の仕方が淡白なため、何ともフワッとした印象で終えてしまった。
RPGを楽しむというよりレナスの世界観を楽しむという感覚の方が相応しいだろうか。
決して駄作ではなく練り込まれてはいるとは思うが、個人的には人に勧められる一作ではなかった。
どちらかというとレナス一作目の方が印象深かったように思う。

◆レナス2の音楽◆

一風変わっていて、何とも評しがたい曲の数々
世界観を盛り上げているという意味ではどれも成功作なのだろうけど、個人的ヒットな曲はなかなか見当たらず。
通常戦闘曲(変わりっぷりが面白く、飽きない)、地底世界アンデルのテーマ(寂しげな感じが良い)、
カムイの街の音楽(凄い焦燥感と悲壮感だった)、飛行船の音楽(爽快なようでどことなく切なげ)などはムードがあって良かったが…

エンドオブエタニティの音楽担当だった田中公平氏やミスティックアークの音楽担当だった森彰彦氏が携わっていて、
わりと名作に携わった人達が関わっていたのには驚いた。

◆レナス2のシステム◆

大筋としては普通のRPGのシステムと大きくは違わない。

その中で一般的な作と違う部分としては、まずMPの概念が存在しないところ
魔法は存在するが、HPを消費して使用する。
回復も魔法では蘇生魔法以外存在せず、回復ボトルのアイテムを使用して回復することになるのだが、
ボトルは使用回数が定められていて、使った分は街で補充するシステムなので、
ダンジョン等ではボトルの残量に応じた進行を考えねばならない。

戦闘はランダムエンカウントのフロントビュー形式でドラクエっぽいが、
十字キー操作のみでコマンドを選択する独自の方式なので、慣れるまでかなり時間がかかる。

そして旅をするパーティーは街中を歩いている傭兵を雇って仲間にするシステムで、
傭兵は主人公と共に成長をしていくので自分好みの編成が可能だが、
序盤に出てくる傭兵は成長の幅が限られているので、最後まで通しで使うことはなかなか難しい。


※これ以降、ネタバレを少し含みますのでご注意下さい。

◆レナス2の展開◆

主人公は神様と崇められる特殊な立場。
グラフィックが独特なテイストの神殿で、色々と新鮮な雰囲気でゲームはスタートした。

三人の傭兵を仲間として連れられるというので、
ゾック・ユマ・ミレニアの三人をチョイス。

以降、最後の最後までこの三人と旅を共にすることになる。

神殿を出た外の世界は薄暗く、寂しげな音楽が凄く特徴的で
この時はかなり好印象を得たのを覚えている。

大統一を果たすために、4つの秘宝を集める。

このあたりをプレイしたのはもう大分前(3年以上?)なので詳細は覚えていないけど、
戦闘の仕方やメニュー画面など操作が独特で、
十字キー一つで選択&決定両方が行われるというのは慣れればスムーズなのかもしれないけど、
間違った選択をしたらそれを正すのが面倒だった。

感覚的にはスマホのフリック操作に似ている。

衝撃的なイベントを経て、エルツの世界へ。

過去RPGの中でも最大級のどでかい街、
ダウンタウン~ペトロの城がとにかく広く、これは驚き以上にゲンナリ。

一つの街が7つや8つくっついて一つの大きな街を構成している形なんだけど、
一つ一つ回るのが大変で、通行証で行ける範囲は制限されてはいたものの
次にどこに行ったらいいか分からなくなったこともしばしばあった。(特にグロスター1丁目~4丁目探索時あたり)

あまりに広いので移動のストレス解消用のシステムとして電車があったのは面白く、
スイスイと高速で進むのでこれは乗っていて爽快感があった。

8つの封印を集めることになり、順調に1つ目・2つ目を回収。

ただ、焦燥感と悲壮感感じる激しいBGMが流れるカムイの街
大亀裂を攻略するあたりから、グンとゲームが難しくなってくる。

元々難易度は低くはなく、ゲームオーバーこそそう無いもののなかなか歯応えのある戦闘だったが、
このあたりから雑魚敵が急に強くなり、一戦一戦が緊張感を持って戦うようになってくる。

回復ボトルの消耗も激しいので、
大亀裂攻略の際は何度かボトルの補充のためにカムイの街に戻って往復したりしていた。

まあ、パーティー編成が傭兵が初期メンバーのままで
(ここは個人的な話ながら、みんなアンデル出身の生き残りで、
どこぞの馬の骨を彼らの代わりにメンバーに加える気にはなれなかった。どんなに強かろうとも!)、
初期メンバーは覚えている魔法の数が少ないので、ハンデを背負ったままプレイしている状況だったけど…

レナス2画像3

そこから、次々と封印を回収していく。

次に詰まって、一時プレイを投げ出してしまったのが溶岩イベントの先のゲゲとゴード戦
炎の全体攻撃に加えた突進攻撃は回復がどうやっても追いつかず、何度トライしてもダメだった。
攻略を見て効果的な魔法を揃え、レベルを上げて装備も充実させて、それでようやく倒すことが出来た。

そこから先は、古代機械、天の精霊の神殿、幻影城、ジル島、ゾルバン体内、重力の塔、と
順調に進んでいく。

ゲランレースやジル島のボート、重力の塔の宇宙空間など、
本作は時折ミニゲームのようなアクション要素が入るところが面白い

ゲランレースはかなり難しく、ちょっとミスっただけで負けるので何回かリトライすることになり、
楽しかったというよりストレスの方が溜まった感じだったが…

アクション系が苦手な人は詰む可能性があるので
本編に組み込むのであればもうちょっと優しくしても良かったように思う。

相も変わらずキツめの難易度の中、天かける船を入手。

これは戦闘が無い上にスイスイ高速で進めて、BGMも爽快感があるのでかなり快適。

このあたりからはラストまで一気に進めた。

ボス戦のブズーやベルツはかなり苦戦したが…

特にブズーパンチ攻撃が恐ろしく強く凶悪なほどのダメージを受けるので
グラバスのせなかが無かったら勝てなかったんじゃないかというくらいの相手だった。

ラスト前では、面倒だったもののこちらはパーティーが初期メンバーというハンデを背負っているので
試練の回廊はキッチリ8ルートとも攻略

試練を経て特別強くなった感は無かったけど、
少なくとも強力な武器は手に入って若干レベルも上がったかな。

精霊レベルはどれも最高ランクほどまで上がっていたので、特に強化された部分は無かった。
(傭兵は当然ながら全員もっと早い段階でカンスト)

ボスのガーディアンの二回攻撃は結構キツく、
戦い方としてはまずはバイシュアーで全員の素早さをUP。
タフボトルを全員に使用して最大HPをUP。
準備を整えつつ、スぺラスのはらで呪文攻撃を相殺しながら戦うというやり方だった。
追い詰めれば吸収攻撃ばかりしかしないようになってくるので、楽に倒せるようになる。

そして、ついにラストダンジョンへ。
そこそこ長いダンジョンだったけど、ゲンナリするほどではなかったな。

ご丁寧にボトルの補充ポイントもあったし。

ラスボスとの一回目の戦闘は一人やられてしまったまま倒してしまったのでリセット。
二回目は普通に倒すことが出来た。
戦闘BGMがダンジョンのままだったのでこれが最後ではないかなと思ったら案の定、最終形態が現れる

これはかなりの長期戦になり、やられそうになるというよりボトルの残量が気になった戦いだった。
戦うほど敵の戦力が弱体化していくので、最初が一番キツい戦いだったように思う。
ゴッドキャノンはかなり攻撃力が高く、何回か蘇生の魔法を唱えることになったが、
こいつもダメージを負わせるたびに弱体化していったので楽になっていった。

結局、誰一人倒れることなく、経験値がズレることないまま(大事)、晴れてエンディング。

今まで出てきた主要登場人物みんなが現れて、感動の再会&笑顔の大団円!

というシーンなんだろうけど、
残念ながらプレイしたのが前過ぎて
ほとんどのキャラは覚えておらず……

総じて、一風変わったRPGながらもしっかりとRPGとしての軸は整った良ゲーという感覚はあったけど、
中だるみしたのとエンカウント率高めの戦闘が面倒に思えたので
イマイチ印象に残らない作として終えてしまった。

喋らない主人公、そして喋らない傭兵仲間と旅をするという意味ではミスティックアークを思い起こすけど、
グラフィック・BGM・シナリオ、全てにおいてそっちの方が良かったように思う。

風変わりな部分を生かしきれていない感があったのが残念だった。


▲ページの先頭へ戻る

※検索で辿り着いた方はこちらよりアンチドーテHPのトップページへ移動出来ます。