59.ペルソナ2罰(PSP)レビュー

ペルソナ2罰画像1

発売日:2012年5月17日

開発元・発売元:アトラス

定価: 5,980円(税抜)

個人的ランク:B

大まかなストーリー

珠閒瑠市内では、街に流れている根も葉もない噂が現実化してしまうという、不可思議な現象が起こっていた。

キスメット出版発行のティーンズ向け情報誌「クーレスト」の編集記者である天野舞耶は、七姉妹学園の取材中に殺人事件に遭遇し、
「自分の携帯電話から自分の携帯番号へ掛けて呼び出し、気にいらない人物を殺してくれる」という怪人「JOKER」から
命を狙われていることを知る。

たまたまその場に居合わせて事件に巻き込まれた親友の芹沢うららと刑事の周防克哉、
JOKERの正体を知っているという盗聴バスター・パオフゥと共に、JOKERの行方を追いかけていく。

ペルソナ2罰画像2

本作の見所

・ペルソナ2罪の正統続編作。前作のキャラを含んだディープで重みのあるストーリーを堪能できる。

・主人公達が20代前半の社会人ということで、ジュブナイルなストーリーとはまた違った大人の趣を楽しめる。

・PS版に比べロード時間が短縮されて快適に。戦闘はシンプルモードを使えば比較的短い時間で終わらせることができる。

・渋みのあるBGMやOPムービーのクオリティが高く、作の印象を底上げしている。

◆ペルソナ2罰の総評◆

前作『罪』の続編作ということで、システム周りは前作と大きな違いは無かったため、親しみやすかった。
だが、主人公が女性で社会人視点になったことで、その点ではなかなかとっつきづらく、
話がかなりビターで大人テイストだったのは良くも悪くもな印象だった。
そして、ロード時間の長さ(シンプルモードを活用してからは大分快適になったが)、ボイスの棒読みな印象、
前作に続き相変わらずエンカウント率が高かった点等から、前作の印象を大きく上回ることはなかった。

ドラマチックでディープ・重みのあるストーリーとして見たらペルソナシリーズの中では群を抜いていると思うが、
どこか等身大ではなく舞台の中の物語を眺めているような感覚があり、感情移入しづらい面があった。
ただ、不満点はシステム面に集中しているので、リメイクすれば更なる良さが生み出されそうな作にも思う。

◆ペルソナ2罰の音楽◆

作の年齢層を意識してなのか、落ち着いていて渋みのある曲調のものが多い。
一番印象として強く残ったのはボスの戦闘曲
テンポの良さ、ピアノサウンドと重低音が快適だった。
通常戦闘曲も良かったが、印象としては前作の方が強かったように思う。
全体的に前作と同様戦闘曲の印象が強く、しっかりしたサウンドのものばかりだった。

◆ペルソナ2罰のシステム◆

基本的に前作のプラットフォームを踏襲していて、
前作のクリアデータを利用すれば前作の主人公のレベル等が引き継げる

ほとんど一本道のシナリオで、戦闘を経て経験値やお金を稼ぎ、
キャラクターを強化してより強大な敵に挑んでいく流れはオーソドックスなRPGと変わらないが、
『噂』を活用して自分で環境を変化させ、新たなお店を開拓したりするシステムは本作ならではの特徴。

戦闘はターン制のランダムエンカウントだが、エンカウント率が高い上に
前作に続きロード時間が多用されるため大きなストレスどころだが、
シンプルモードの設定を取り入れると戦闘がかなり簡略化されるので大幅な時間削減を狙える。
戦闘中に敵の悪魔とコンタクトを取ってタロットカードを貰えたりするのは前作に引き続きの特徴。

セーブはいつでもどこでも可能な点は便利なところ。


※これ以降、ネタバレを少し含みますのでご注意下さい。

◆ペルソナ2罰の展開◆

※途中で長い間放置してしまっていたので、序盤の方はうろ覚え…

主人公は、前作『罪』で仲間の一人だった舞耶。

前作ではどちらかというと影が薄い印象だったので、
最初見た時は『見たことあるな』ぐらいの感覚だった…

舞台も前作と同じで、全体的に見たことある場所ばかりが出てきたが、
キスメット出版で勤務しているという設定は新鮮だった。

うららや克哉が仲間に加わる。
前作の主人公の兄が仲間に加わるというのは面白い。

ただ、戦闘時のボイスの「全員ゲンタイだ!」の意味が最後まで分からなかった。
(ゲンタイ→現逮→現行犯逮捕だと知ったのはクリア後だった…)

うららはボイスが棒読みな印象が強かったな。

あとペルソナ4の千枝もそうだけど格闘系の女はどうも惹かれない…

七姉妹学園を越え、バオフゥを仲間にして蝸牛山へ。

ここも前作通過した場所だったので新鮮味ゼロ。

森本病院を越えた後はこれも前作で行った空の科学館へ。

前作同様炎上するわけだけど、違う主人公とパーティーが同じ難所を乗り越える展開は面白かった。

序盤は普通に淡々と進めてこれたけど、ペルソナのグレードアップをほとんどしていなかったので、
進むほどだんだんと苦しくなってくる。

ただ、仲間の使い続けていたペルソナが勝手にパワーアップしたりしてくれたので、それは非常に助かっていた。

1作目に登場した南条とエリーが出てきて、ここでルートが分かれるわけだけど、自分はエリールートを選択。

珠閒瑠TVに行くことになった。

ペルソナ2罰画像3

※このあたりでいったん放置、そして再開。

ペルソナをあまり強化してこなかったツケが回ったのか、ここで大きな壁にぶつかった。

ストーカーとの戦いも相当しんどく、何回か仲間がやられては蘇生させて…
を繰り返して何とか突破していたが、
大ボスである石神千鶴と式神との戦いついに何回戦っても倒せない事態に。

式神はLV24の分際でダイン系の魔法なんて使ってきていて、
一応舞耶がマイア・改のおかげでメディラマを使えるようにはなっていたけど、
石神千鶴に状態異常にさせられて回復をさせてもらえず滅多打ちに……がお決まりのやられるパターン。

ここでついにパーティー強化に専念することにして、
ペルソナを強化したりレベルを上げたりして、何とか突破した。

その後、スマイル平坂は普通に越えたが、青葉公園
SATから『ねらいうち』を食らいまくったりしてまたもや敗北を喫する…

銃を持ってるから強いのはいいとして、
ペルソナでガンガン攻撃してるのに生身の人間が何でこんなカタいんだ。

パーティーを強化して、再度克哉のアクションシーンを見る羽目になりながらも二回目に突破。

アラヤ神社へ行き、このあたりでエリーの1作目の主人公に対する想いを知る。

1作目をやったのは相当前なのでもうほとんど覚えていないけど、
帰国子女で恋愛に興味は無さそうな感じに見えていたけど密かにそんな想いを抱いていたのか。

日輪丸・海底遺跡と、街へ引き返せない状態で連続ダンジョンへ。

ここも雑魚敵自体が強く、かなり苦戦を強いられて、
石神千鶴との再戦もあったが一回目ほどは苦戦せずに突破。

そして、ついに前作『罪』の主人公・達哉が仲間に加わる。

前作のレベルを引き継げたとはいえ、LV60……

自分で育てた存在ながら、くっそ強くて歓喜
(当時他の仲間のレベルは確か40台後半くらいだった)

ただ、そんな強い達哉の戦力をもってしても、アメノトリフネは物凄く苦戦した。

メタル三人組は初回の石神千鶴並に苦戦、
淳のテラーフォーチュン栄吉の血のディポーズでズタボロにされ、何回目かのチャレンジで倒せたが、
次の菅原だったものでもまた全滅。

菅原だったもののキモい動きを二度も見せられる羽目に。

そしてついに、ラストとなる珠間瑠城~モナドマンダラに到達。

4回挿入されたイベントでは選択肢があり、
そこで間違った選択肢を選ぶとボス達の強さが上がってしまうというギミックがあったようだが、
自分は4回のうち3回正しい選択肢を選んでいたので、ボス戦はそこまで苦戦せずに済んだ。

ラスボスも一回目で打倒し、
クリア前のデータとしてLV66、32時間ほどのプレイ時間でクリア。

よくよく見たら、舞耶は最後までペルソナはマイア・改を使っていた……

よくクリアできたもんだ。

総じて、戦闘面の苦戦場所はいくつかあったものの、
折れるほど難しいということはなく、程々の辛口レベルを楽しみながら最後まで到達できた。

ストーリーもディープかつドラマチックで良かったと思うが、
ボイスがなぜか全てエコーがかかっていたのが萎えてしまった点。

演出としてあえてそうしたのかもしれないけど、
リアリティが損なわれて変な『舞台感』が出るだけに思えたので、不要だったように思う…

それと、本作の一番のマイナス要素だが、
2012年という決して古くはない時期の販売ながら、
あのロード時間の長さはどうにもならなかったのだろうか。

シンプルモードのおかげで大分快適にはなっていたものの、
戦闘突入時・ボイス挿入時・攻撃の順番が回った時・ペルソナを唱えた時、
ダメージ表示時、戦闘終了時……すべてのタイミングでロードが入るので
リアルモードではとてもじゃないがやってられなかった。

もしかしたら本作はアニメ化すれば、ゲームより映えるのではないか?と思う。


▲ページの先頭へ戻る

※検索で辿り着いた方はこちらよりアンチドーテHPのトップページへ移動出来ます。