ブクロ白書番外編 ~その他~

※行ったその時々により、コメントや個人的評価も変化します。

NANIWAYA
個人的ランク☆☆☆☆最寄り駅平塚駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間9:00-21:00 [日]10:00-19:00定休日
メニュー浪花屋ラーメン6.25ドル


ハワイで唯一食べたラーメン。あまり(というかほとんど)期待していなかったのだが、思ったよりは美味かった。 にんにくが凄い強かったのは玉に傷だが、スープなどに飽きはこない。 ただ、ハワイ事情なのかどうか、肉が大量でさすがにちょっと多く感じた… 別称肉肉ニンニクラーメンと呼んでもいいかもしれない。他にも塩やしょうゆ、味噌などバラエティに富んだメニューがあった。

青島ラーメン司菜
個人的ランク☆☆☆☆最寄り駅平塚駅
メニュー青島ラーメン600


新潟のご当地ラーメンは4系統あると言われてて、そのうちの一つ、長岡の生姜醤油系に 代表するのがこの店らしい。 中くらいのやや縮れた麺に、なるほど生姜の味が染みるアツアツの醤油味のスープ。 何か屋台のラーメンの美味しいやつを思い起こした味だった。 具も、チャーシューにメンマに海苔に、久しぶりに食べたナルトが入っていて… あっさりめで飽きはこなかったけど、でもやはり物足りない感は拭えなかったが…

藤一番
個人的ランク☆☆☆★最寄り駅平塚駅
営業時間24時間営業、月曜3:00~6:00のみ閉店定休日年中無休(清掃日のみ閉店)
メニューしょうゆラーメン6.95ドル


グアムで食したラーメン。 チェーン店で、名古屋の方にも店舗はある、とのことらしいが 店内の従業員はやはり皆、外国の人が切り盛りしていた。 まず、思ったよりスープの美味しさに「おっ」となった。わりと薄めだがイケている。 ただ、具のしょっぱさが大きなマイナス点だった… チャーシュー・メンマの薄さ、もやしの細さ、麺は細め、ちょっとしょぼさ感は 否めなかったが、ボリュームはアメリカ領だからか…? 結構あった。 正直、スープ以外はクオリティは美味いカップ麺クラス、とまで言えてしまうかもしれないが… 異国に来てまでもラーメンが食いたい!という方には、オススメだろうか。 逆に私は池袋のラーメンの全体的な質の高さを再認識してしまった…。

らーめん ぶぅ
個人的ランク☆☆☆☆☆最寄り駅仙台駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~14:00 17:30~23:00定休日日曜の夜の部
メニューぶぅらーめん590円 角煮丼200円


麺:極細の麺
スープ:臭みがなく、まろやかで濃厚な豚骨スープ
大通り沿いの角地にあるが、駅からは15分ほど歩く。 バリバリのとんこつ、ゆず風味があったりしたのが新鮮で、細切れの海苔が入っていたりした。大きめのとろけるチャーシュー、極細の麺だが麺よりスープの方にインパクトを受けた。 臭みがなく、まろやかで濃厚、飽きがこない。角煮丼ももやしやキャベツ、青ネギなどがふんだんに乗りうまかった。 濃厚な味だが、全てがハイレベルな印象を受けた。

みずさわ屋
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅仙山線の陸前落合駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:30~15:30 17:30~21:00 土日11:30~21:00定休日月曜日
メニュー煮卵入中華そば703 バター肉ご飯小315 中華そば577 冷やしそば745 柔らかバラ肉そば945
みずさわ屋ラーメン みずさわ屋外観
【2014.03.21訪問・煮卵入中華そば&バター肉ご飯小を食】
【店舗】
店内は古びた造りで使い込まれた木目調という感じだが、清潔感がある。 中央に厨房があり、グルッとコの字を描くようにカウンター席が配置されているが、厨房はガラス張りなので中が見えるようになっているのが面白い。 壁面には風風ラーメンのようにズラッと漫画が並んでいるのが特徴的で、7人の店員さんが元気良く声を出し合っていて、活気がある雰囲気なのも好印象。ラーメンは器ギリギリのところまでスープで埋まっているのが驚きだった。
【麺】
中細よりもう少し細いかなって感覚のストレート麺。 かなりの量が入っていて、思った以上に硬めでしっかりとコシがあるので食べ応えがある。 かなり満足度の高い麺だった。
【具】
コリッとした中くらいのメンマに、珍しい具のさやえんどう、青ネギ。 チャーシューは硬く、中華料理屋に出てくる中華そばのものを髣髴としたが、これはこれで合っているのかもしれないが好みのタイプではないのでちょっと残念だった。 味玉は甘みが強く、とろっとしていてかなり主張強し。 GOODだった。
【スープ】
なみなみと注がれたあっさりめの醤油。 鶏ダシっぽい感じはあったが、魚介っぽさはほとんど感じなかった。 あっさりながらも複雑でややパンチが効いていて飽きのこない味わい。 懐かしい感じながらも、洗練されていて良さがなるたけ引き出されたような感覚だった。
【総評】
うーん、ボリューミー!! だけど、ボリューミーなわりに最後まで飽きがこなかったのが凄かった。 麺もスープも端正ながらアグレッシブさがあり、あっさりなのにガッツリ食べた感覚になれた。 バターライスもどちらかというとあっさりの味わいだったが胡椒とチャーシューとバターがじんわりとしたパンチを効かせていてかなり美味しい。 食後感も良く、爆盛りのわりに安いのでコスパもかなり良く、満腹満足な感覚でお店を後に出来たので高評価も納得のお店。 懐かしさの中にパンチと爆盛り要素が加わってありそうでなかなか無いラーメンだと思うので、よっぽどこってり好みの方以外は「おっ」と思って気持ち良く食べられるのではないだろうか。
上海楼
個人的ランク☆☆☆最寄り駅仙石線の石巻駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~16:00定休日不定休
メニューひき肉ラーメン600 チャーハン600 ラーメン500 冷し中華600 タンメン600 チャーシューメン600
上海楼ラーメン 上海楼外観
【2014.08.15訪問・ひき肉ラーメンを食】
【店舗】
ラーメン屋というより中華料理屋然としたお店で、カウンター席が6・7席ほどだったかな、テーブル席も1つか2つで、こじんまりとした店内の中営業している感じでしたが… ただ、のれん街の外にはテラスがあり、そっちに持ち運んで食べることも出来るというのがナイスでした。 青空ラーメンはイベントでもない限りなかなか出来ないことですよね。 メニューは麺類だけじゃなく定食も並んでいました。 やがてでかい器に入ったラーメンが運ばれてきましたが、『ん?!』 これって造りが担々麺…… ひき肉ラーメンって担々麺のことでした。
【麺】
中細の、思ったより細い感覚だった縮れ麺。 ちょっと水切りが足りなかったのか、ニュルッとした食感でしたが、もっとパツンとした食べ応えだったら嬉しかったです。
【具】
カイワレ大根に白髪ネギ、ひき肉、ネギ。 ひき肉の味わいは良かったですが、ちょっと具として見たら物足りなかったかなあ。 チャーシューメンにしておけばよかったかなと思いました。
【スープ】
ごま油が効いたかなりあっさりめのピリ辛スープ。 んー、これも味が薄め…! 味の方向性として美味しくはあるんですが、サッパリとし過ぎていてお湯が多過ぎてコクが足りないように個人的には感じてしまいました。 良く言えば、優しいスープと言えますが…
【総評】
お腹には溜まりましたが、ちょっと薄味が過ぎるかなあという一杯でした。 お客さんは年配の層が多いと思うので、あえて薄味にしたのかな? これとは別にチャーハンも食べたんですが、個人的にはこちらの方が美味しかった… 一緒に居て隣でタンメンを食べていた方も、食べてすぐ調味料に手を伸ばしていたので全般的に薄味なのかもしれないです。 昔は違ったという話も聞きましたが、どうなんでしょうか。 こういう料理店は鮎川浜では現状ここしか無いので貴重ではあると思いますが、競合店が無いとはいえもっと美味しさを追及してくれると嬉しいなーと感じました。
ラーメン善谷
個人的ランク☆☆☆☆☆★最寄り駅JR石巻線の渡波駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:30~14:00定休日水曜日
メニュー善谷らーめん700 中華そば500 さばだし中華そば600 旨塩らーめん550 味噌らーめん700
善谷ラーメン 善谷外観
【2014.10.11訪問・善谷らーめんを食】
【店舗】
店内は全面木造で、シックなログハウス風のお洒落な内装。 カウンター席よりテーブル席の方が多い感じで、天井が高く、広々とした印象で、専門店っぽい雰囲気ながらも女性や家族連れでも気軽に入れそうな雰囲気。 ただ、気をつけねばならないのがお昼のみの営業らしく、かなり営業時間が短いところです。 メニューはさばだし中華そばというのがあるのが気になりましたが、塩、味噌、醤油、一通りの味を揃えていますが、中華そばがメインであることを考えるとサッパリめのラーメンが主体でしょうか。
【麺】
ピロピロッとした四角い断面の中細の縮れ麺。 食べ応えはあるんですが硬度はあまり無く、どちらかというと柔らかめの印象。 質的にしっかりしてるとは思えますがもっと硬めでも良かったかなあ。
【具】
バラロールチャーシューに、メンマ、味玉、ネギ。 スタンダードな感じですが、デフォルトで味玉が入っているのはプラス。 どれも並以上のクオリティを感じるしっかりとした味付けで、肉の旨味や玉子の甘みなど、ちゃんと個性を感じました。
【スープ】
鶏白湯と呼ぶには濃すぎで醤油と呼ぶには薄く思える感じの、茶色い色をしたスープ。 豚骨っぽく見えましたが実際は魚介豚骨という感じで、結構魚介の主張が強いスープでした。 とろみがあり、こってりと呼ぶほどではないですが、中華そば感覚で頼むと結構な濃厚さに思えると思います。 マイルドでクセや苦味は無く、飲みやすいとは思いますが魚介が苦手な人だとちょっとキツいかも?
【総評】
ほぉう……と思えた、なかなかにハイレベルな魚介醤油の一杯でした。 正直、食べ慣れている流行りの方面の味といえばそうですが、地方のラーメン屋にしては麺・具・スープ共にかなりしっかりとした味。 そのへんの中華料理屋のメニューの一環として出されるような凡庸なラーメンとはワケが違います。 ただ、バランス良く、まとまり良く、弱点は見受けられなかったですが、逆に個性にも乏しく、優等生感覚のラーメンという言葉がピッタリな印象だったので、尚更前述したさばだし中華そばというのが気になってしまいました。 こっちを食べればこのお店の真髄が分かるのかな? 味のバリエーションが豊富なので再訪は十分にありえます。 こっちの方に来ること自体なかなか無いですが…
みそ壱 ロフト1F店
個人的ランク☆☆☆☆★最寄り駅仙台駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~22:00定休日元日のみ休業
メニュー野菜みそラーメン750 みそ壱ラーメン650 黒みそラーメン700 辛しみそラーメン700 ワンコイン定食500
みそ壱ラーメン みそ壱外観
【2014.10.13訪問・野菜みそラーメンを食】
【店舗】
カウンター7席、テーブル席6人がけが二つ……うーむ、かなり綺麗な造りではあるけども狭めな店内。 ラーメン屋というより食堂っぽい雰囲気があるかも? 厨房スペースと客席スペースが完全に分断されている形でした。 メニューは野菜入りのラーメンがウリのようですが、普通の味噌ラーメンにゆず味噌ラーメン、黒味噌ラーメン、辛味噌ラーメン…同じ味噌でも様々なジャンルのラーメンを取り扱っています。
【麺】
中太…と呼ぶにはもっと太い印象かな、『太っ』と思った四角い断面の麺。 ツルンとしたストレートで、弾力は程々…硬くも柔らかくもない感じです。 ガッシリしていてボリューミーな印象でした。
【具】
野菜はキャベツともやしが多めで、ニンジンやネギ、玉ねぎ、きくらげなどが入っていましたが、どれもシャキシャキな食感。 豚肉も入っていて、油が絡み、ジューシーでしっかり炒めてあった感じでしたが、普通の肉野菜炒めといえば肉野菜炒めかな。 チャーシューや味玉など、普通のラーメンに入っている具は無く、麺の上にただ肉野菜炒めを乗せたという感じだったので、何か特徴が欲しかったかなあ。
【スープ】
野菜の水分の影響もあるのか、味はサッパリめでやや薄めの感がしないでもない味噌スープ。 もう少し濃厚さやザラついた食感、ピリ辛さなどパンチやアクセントがあってもよかったかな? 甘みがある優しい味噌で、しっかりとした美味しい味わいでしたが、オーソドックスな味噌という感じで特徴には乏しいです。
【総評】
万人受けしそうな感じの、オーソドックスかつ優しい味わいの味噌ラーメンでした。 具もスープも熱々で、冬場には心地いいかも? ごくごくと飲めて飲みやすいですが、中毒性は強くはない感じです。 コスパ的にはまあまあかなあ……もっさり肉野菜炒めが乗っていてボリューミーなわりにはやや安めの感覚かも? ただ、あまりにもオーソドックスな味噌という感じだったので、もっと特徴的そうなラーメンを選べばよかったかなあと思いました。 イチオシのわりには弱かった感は否めなかった。
てっぱつ屋
個人的ランク☆☆☆☆★最寄り駅勝浦駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間ランチ営業定休日???
メニュー勝浦タンタンメン850 味玉玉子100 ラーメン650 チャーシューメン900 豚骨ラーメン850 勝浦タンタンつけめん850
てっぱつ屋ラーメン てっぱつ屋外観
【2015.01.01訪問・勝浦タンタンメンと味玉玉子を食】
【店舗】
千葉県の勝浦名物のタンタンメン目的で入ったお店。 横に細長く伸びた珍しい作りのお店で、駐車場が狭く、車道に面しているので車で来た身だとかなり入りづらいのが難点でした。 テーブル席8つのみでカウンター席は無し、券売機で買ったものを店員さんに渡し、離れた席に座るシステムです。 店内はラーメン屋らしい木目が基調の、綺麗とも汚いとも言えないオーソドックスな感じですが、席の構成上一人よりはファミリーで来る感覚かなあ。 しばしの時を経て運ばれてきた一杯……『赤っ!!』
【麺】
四角い断面の、やや太めのワイルドな縮れ麺です。 硬めで弾力もあり好きなタイプでしたが、スープの圧倒的な存在感にやられて、麺の良さはあまり堪能出来なかった気がする…
【具】
ひき肉、白髪ネギ、玉ねぎ、味玉と、シンプルでネギに重点が置かれた布陣。 ひき肉はあまりモリモリとは入ってなかったですが、穴あきレンゲのおかげで最後まで堪能出来ました。 味玉もジュレ状でしっかり重みと甘みがあり、辛い一杯の中で良いアクセント。 でも一番のアクセントは大盛りの玉ねぎで、辛さ一辺倒だったスープに深みをもたらしてくれました。
【スープ】
醤油と鶏ガラベースかな? 濃厚という感じではないですが、赤々しく辛味がかなり強いスープ。 涙は出るし鼻水もだくだく、席もゴホゴホ、辛さ抵抗が常人並の自分としてはティッシュ無しでは食べられない一杯でした。 蒙古タンメン並の辛さだったかなあ。 もう少し濃厚さが欲しかったですが、ただ辛いだけでなく旨味と後を引く中毒性もほどほどにはありました。 しょっぱさと、玉ねぎの甘みが混じった甘辛さがよかった感じです。
【総評】
辛さが突出していて美味しいというより辛いという感じなので評価はしづらいですが、具は一つ一つそれなりにしっかりしていたように思います。 特に玉ねぎと味玉は好印象で印象深かった。 ただ、金額を考えるとかなり苦しいかなあ…… 店員さんもみんな若かったですがどこかぶっきらぼうで、親しみ持てる感じではなかったです。 車だと出し入れが大変なので、駐車場の誘導とかあったらまた印象も違ったんだけども。
板蔵
個人的ランク☆☆☆☆★最寄り駅高山本線の高山駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間8:30〜17:00(季節により変動あり)定休日年中無休
メニュー飛騨牛味飯セット1100 醤油らーめん(並)680 らーめん定食1250 ぎょうざ入りらーめん(並)880 チャーシュー麺並800
板蔵ラーメン 板蔵外観
【2015.01.17訪問・飛騨牛味飯セットを食】
【店舗】
真冬に行ったので雪が凄い……!! こちらはドライブインスタイルのお店で、店内は食堂のような雰囲気。 カウンター席が大半を占めているラーメン専門店とは一線を画していて、ほぼテーブル席のみで占められていましたが、外の暖簾に『ラーメン』『ラーメン』と大量に書かれていただけあってメニューは大半がラーメン系。 申し訳程度におつまみ的なのも置いてありましたが、大半は高山ラーメンを中心としたメニューばかりで、そんな中、お勧めとしてぎょうざ入りらーめんというのがあったのが印象的でした。 飛騨牛入りのご飯も一緒に味わえるという飛騨牛味飯セットをチョイス。 しばらくして、小鉢入りの定食のようなセットが運ばれてきました。
【麺】
かなりの細麺、そして縮れ麺です。 博多豚骨ほどの極細麺ではないですが、このテの中華そばっぽい一杯の中でこの麺は珍しい。 色味も乳白色っぽいのが特徴的で、ぐねぐねとした麺の口当たりが印象的でした。 硬さ的には柔らかくも硬くもなくちょうどいい塩梅だったかな?
【具】
なると、メンマ、きくらげ、ネギ、チャーシュー、肉団子、とかなり具沢山でカラフル。 器の色味も相まって笹塚の福寿を思い起こしました。 ただ、ボリューム的にはどれも小ぶり…… ゲスト的に肉団子が入っていたのは嬉しかったですが、それにしても寂しさは拭えなかったなあ。
【スープ】
スッキリとした味わいの鶏ガラベースの醤油スープです。 まあビジュアル的に予想がついた味といえば味だったかな? 優しい味わいで万人受けしそうな感じながらも、妙な中毒性があってつい啜ってしまう。 面白みが無いといえばそうだけど、土台のしっかりした味わいでした。 後半は胡椒をかけてパンチを効かせて飲んだりしてました。
【総評】
ふむ、昔ながらの中華そばっぽい、好きな人は好きそうな一杯でした。 ガッツリとしたこってりラーメンを好む人には向かなさそうですが、純粋にラーメンとして美味しくて老若男女問わず親しめそうです。 ただ、観光地価格というのか…… このボリュームでこの価格は専門店としてだと成立しないかなあ、飛騨牛入りのご飯も美味しかったですが、小鉢含めボリューミーそうに見えて実際完食してみてもお腹満腹というほどにはなりませんでした。 あくまで旅行中に立ち寄ってみて、噂(?)の高山ラーメンを食してみる…というスタンスが良さそうです。 すぐ隣には製麺所も併設されていて、工場見学的に麺が作られるところを見てからそこで作られたラーメンを食すということが出来るので、麺に一番アクセントを感じてしまいますね。
とみ田
個人的ランク☆☆☆☆☆☆☆最寄り駅松戸駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間10:30~売り切れ次第終了(17:00位)定休日水曜日※不定期の休みあり
メニューつけ味玉950 つけそば850 特製つけそば1100 つけチャーシュー1150 中華そば800 味玉そば900
とみ田つけ麺 とみ田外観
【2015.04.25訪問・つけ味玉を食】
【店舗】
13時頃に行ったんですが、店前の行列に並んでいたのは5人ほど… ん?土曜の昼間なのに行列はこんなもの…? と思ったら店員さんが駆け寄ってきて、「大体15時40分頃のご案内になります。その頃にまた来て下さい。」 まさかの2時間半待ち!! そして入店予約制!! 通りで行列が出来ていなかったわけだ…… TDLのアトラクション待ちを凌駕する待ち時間、そして初の入店予約制度に面食らいながらも名前と電話番号を告げて、指定した時間に訪れてようやく入店が叶いました…。 店内はカウンター席が11席のみ、和食料理屋のような品のある風情です。 雑多な感じがあってやや使い込まれた感じもありますが、内装はかなり綺麗。 そしてかなり懇切丁寧な応対も好印象です。
【麺】
うぉっ……凄っ!!と思った見るからにもっちりどっしりとした太めのストレート麺。 全粒粉が散りばめられた自家製麺以外に見えない特徴的な麺で、ツルンとしています。 コシや弾力も特級。 アゴの力を使う硬めでグニッとした食感からは小麦の心地よい味がほとばしり、そのまま食べても美味しい麺でした。
【具】
なると、海苔、ネギ、メンマ、味玉、二種のチャーシューという豪勢な布陣。 特筆すべきものは色々ありますが、まずは味玉。 半熟でしたが、噛んだ途端ピュッと中にあった黄身が吹き出してきました。 とろりとしていて味も良かったですが、こんな味玉は初めてです。 あと、普通のばら肉チャーシューも良かったですが、レアなローストチャーシューもかなりの個性でした。 個人的な超名店一燈麺処 ほん田が開発に貢献したというエピソードも驚きでしたが、なるほどほん田の方で似たチャーシューを食べた記憶があります。 ラーメンにこんな豪勢な具を入れていいのか…と場違い感を覚えたほどのクオリティでした。
【つけ汁】
想像以上にどろどろとしていて濃厚だった魚介豚骨。 魚粉が強めに散りばめられていて、これまた複雑で深みのある味わいです。 ただ……個人的にこの点だけが唯一、そして強く残念でした。 …しょっぱい!! 耐え切れないほどではないですが、ネギの苦味もあいまってか結構強めの苦しょっぱさを感じました。 もう少し辛味・甘味の方向性にシフトした味わいだったら極上の一杯になりえたかもしれないだけに、歯がゆいぐらいの気持ちでした。
【総評】
なるほど…… これがとみ田なのね。 分かりました、これは確かに突出した味わいを持つお店だ。 これで儲けが出るのならそのへんのつけ麺なんてぼったくりに思えるほど950円にしてはゴージャスかつクオリティ高い一品で、ガチで悩殺しに来ていると思えた気合の入った一杯でした。 スープ割りも出来たんですが、瀬戸内産煮干しダシのあっさり魚介スープのようで、刻みチャーシュー、刻み葱、刻み柚子がお好みで追加出来たのもまたゴージャス。 ボリュームも並で十分お腹一杯になり、夜は何も食べ物がいらないほどパンパンになりました。 故・山岸一雄さんの大勝軒が噛んだお店らしく、ボリュームに関しては折り紙つきなわけですな。 つけ汁のしょっぱさだけが本当残念でしたが、これはリベンジも兼ねて再訪はアリアリでしょう。
金華楼
個人的ランク☆☆☆☆☆最寄り駅JR石巻線の浦宿駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~20:00定休日月曜定休
メニュー特製味噌ラーメン1200 中華そば550 味噌ラーメン650 女川カレーラーメン760 激辛地獄ラーメン870 排骨麺980
金華楼ラーメン 金華楼外観
【2016.02.20訪問・特製味噌ラーメンを食】
【店舗】
元々は女川町の海沿いの老舗だったようなんですが、津波で流されてしまい、近くの高台の上に復活したお店だとのことです。 店内はかなり広めの空間で、大きめのテーブル席が12個並んだ、ラーメン屋というより食堂の風情。 張り紙など装飾が多く、賑やかな飽きない内装で、お客さんはファミリー層や作業着姿の人が多かったかな? 田舎のお店らしい、素朴な佇まいでした。 メニューはとにかく種類が多く、ラーメンだけじゃなく定食類も並び、昔ながらの中華料理屋っぽいラインナップ。 変わり種も多く、鹿肉ラーメンや女川カレーライス、ホタテラーメン、サンマラーメン、海鮮ラーメン、激辛地獄ラーメンなど多種多様なメニューが並んでいました。 注文した特製味噌ラーメンは他のラーメン系メニューが600円とか700円とかなのに対し、このメニューだけが飛び抜けて高めなのが気になりましたが…… ラーメンが運ばれてきて、納得したのと同時に驚愕。 で……でかっ!!!!! ラーメンというか、これは鍋だ。 比較用に普通のラーメンと並べて写真を撮りましたが、二倍じゃきかなさそうなほどのボリュームです。
【麺】
細めの縮れ麺です。 黄色みがかっていてプリッとしていて、食べ心地の良い麺ではあったかな。 しかしあまりの爆量に、後半は味を楽しむことも出来なくなりました。
【具】
メンマにもやしにワカメ、キャベツ、コーン、チャーシュー、あと海苔が巻かれたお餅が入っていたのが独特。 ただ、そのお餅以外は特筆すべき要素は無かったかなあ…… 野菜がこんもり入っていたのは良かったですが、洗練さとはかけ離れた、昔ながらの味噌ラーメンの具材という感じでした。
【スープ】
こちらもオーソドックスな味わいの味噌スープ。 コクを感じながらも優しい味わいの、飽きを感じないバランスの良い濃淡加減は良かったですが、やや物足りない感が勝ったかな…… とにかく量が多かったので、味を変えられる要素が欲しかったです。
【総評】
いやーー、た……食べきれない!! 同行していた父親に手伝ってももらったんですが、それでも完食には至らず…… 二郎のラーメンでも何とか完食出来るくらいの胃袋は持っているんですが、これは完敗……ギブアップでした。 満腹近くになってきた頃に、ようやく普通のラーメンの量くらいになった感覚の絶望感笑 正直、コスパは良好なものの味は普通で、特別大食らいではないので別のものを食べた方が良かったかも。 まあネタとしてはオイシかったですが笑 高台に復活した老舗、今度こそは災害に巻き込まれることなく続いていってほしいです。
らーめん梵天 日光店
個人的ランク☆☆☆★最寄り駅東武日光駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~24:00定休日火曜
メニュー梵天らーめんのチャーシューバター丼セット930 梵天らーめん580 辛ネギ味噌890 味噌野菜810 こがし醤油らーめん750
梵天ラーメン 梵天外観
【2016.03.20訪問・梵天らーめんのチャーシューバター丼セットを食】
【店舗】
日光駅のすぐ近くにあり、歩いて3分くらいかな? 広めの敷地にでかでかと梵天の看板。 店内はカウンター席が10席、テーブル席が4つにお座敷席が2つ、木造の広めな空間で、ラーメン屋らしいカジュアルで明るい雰囲気です。 ラーメン専門店というよりはファミレスの方が感覚的には近いかも。 ただ、観光客が多かったのか満席だったのはいいんですが、回転が遅く、席に通されるまで大分待ちました。 メニューは何故か人気No.1が辛ネギ味噌ラーメンで、順番から察するに、味噌>醤油>塩の順で押しの模様。 アルコール類や、ラーメントッピング、おつまみメニューもそこそこあるっぽい。 それとお得なセットメニューとして、ラーメン+餃子+ご飯もののセットが4種あったのがなかなかに嬉しい点でした。 自分が頼んだセットは、梵天らーめんと、餃子3個と、チャーシューバター丼のセットです。 梵天らーめんは細麺か平打麺か選べたので、平打麺をチョイス。 チャーシューバター丼はミニサイズでしたが、セットで付いてくるものとして考えたらまあこんなもんでしょう。 それより梵天らーめんは来た途端ガックリしてしまいました。 ふ……普通のラーメンだ!
【麺】
ピロピロッとした幅広ながらも薄めな平打ち麺。 ウェーブがかっていて、思った以上に個性派な形状で良かったです。 ただ、柔らかくてコシは乏しく、もう少しガッシリと主張のある麺だったらよかったです。
【具】
なると、チャーシュー、味玉、海苔、メンマ、ネギ、という醤油ラーメンの見本中の見本のようなオーソドックスな布陣。 価格から考えたら味玉が入ったりしているのは頑張ってる方だと思いますが、個性は皆無で、『んっ』というものはありませんでした。
【スープ】
あっさり・スッキリとした醤油スープ。 うーん、これもまたオーソドックスな味わい…… 良く言えば飽きないんですが、薄くてこれといった感慨の出ない味でした。
【総評】
うーむ、観光地のラーメン屋なんてこんなものかなと割り切れなくはないですが、それにしても無個性で凡庸なラーメンでした。 フードコートのラーメン感覚。 『梵天らーめん』なんて店名を冠しているので、梵天ならではの独自要素が何かしら欲しかったです。 お連れさん達の味噌ラーメンや辛ネギ味噌も食べさせてもらったんですが、…なるほど、食べた中では辛ネギ味噌が一番美味しい……というより個性が出てるかも。 餃子とチャーシューバター丼も普通に美味しいという感じで、唯一満足した要素は、満腹感。 1000円以内でラーメンと餃子とチャーシュー丼を食べられるというのは観光地で考えたらかなりお得な方なのかも? とはいえ味を求めに来るというよりもお腹を満たしに来る、という感覚ですね。
麺屋壱番
個人的ランク☆☆☆最寄り駅JR石巻線の渡波駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間昼11:00~14:30 夜17:30~19:30定休日月曜日(祝日の場合は昼のみ営業)
メニュー特製味噌ラーメン800 味噌ラーメン700 えん魔ラーメン800 地獄えん魔ラーメン850 中華そば650
麺屋壱番ラーメン 麺屋壱番外観
【2016.07.17訪問・特製味噌ラーメンを食】
【店舗】
宮城県旅行の際にたまたま訪れたお店です。 面白い形をした外観で、外からだと店内が暗く見えたので、やってないのかな?と思ったら営業中でした。 店内はカウンター席が6席にお座敷の4人掛けテーブル席が3つ。 席数のわりに広めな感覚の空間でしたが、年季と寂れた感じと食堂っぽい雰囲気を感じた店内でした。 味噌の香りが一面にムンムン。 おばちゃんの店員さんが一人で切り盛りしているのかな? 他の店員さんの姿は見えませんでしたが。 メニューは味噌ラーメンが主体なのか、先頭に味噌ラーメンが来ています。 あと辛いラーメンも押しているようで、辛味噌ラーメンやえん魔ラーメン、地獄えん魔ラーメンなんてのもありました。 一応普通の中華そばも扱っているようです。 特製は、野菜たっぷり・コーン・メンマ・チャーシュー2枚が付くようですが、普通の味噌ラーメンと100円しか違わないのでこちらにしました。
【麺】
おおー、これは面白い形。 特徴的なビロビロとしたウェーブがかった形状の平打ち麺で、中太。 卵麺のような黄色さ。 しかし柔らかめで、噛み心地はイマイチでした。
【具】
上記の具が一通り入っていますが、ボリュームがあまりないためかあまり特製感は感じないです。 まあ+100円ならこんなものかな? 野菜はしんなり気味。 味は悪くはないんですが、家庭料理感を感じる普通の美味しさでした。
【スープ】
まろやか…というより薄めに感じた味噌スープ。 例えるなら味噌汁かなあ、野菜の水分が混ざっているためか尚更薄めに感じました。 安心して飲めるスープではあるけども、うーん。
【総評】
ふうむ、正直、味噌を押しているわりには??という感じでした。 連れがえん魔ラーメンの大辛口を食べていたので食べさせてもらったんですが、こちらは名前ほど強い辛味は無く、特別辛味に耐性の無い自分でも食べられそうな感じ。 エスニック?というかインドカレーのような独特の辛味があって、良く言えば味が濃いめなので、どちらかというと普通の味噌よりはまだこちらの方が味わい甲斐がありそうです。 しかし、これであれば正直近隣にあるラーメン善谷の方が遥かにいいな。 麺屋壱番、地獄えん魔、ネーミングはアグレッシブなんだけどなあ。
ラーメン市丸
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅近鉄鳥羽線の五十鈴川駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間カフェ10:00~17:00 ランチ11:00~17:00定休日水曜日
メニューめかぶラーメン700 市丸ラーメン700 クリームラーメン750 チャーハン600 チャーシューメン900
市丸ラーメン 市丸外観
【2016.11.20訪問・めかぶラーメンを食】
【店舗】
伊勢神宮内宮近くのおはらい町にあったラーメン屋です。 入店の決め手となり、実際このお店の大きな魅力だと思ったのが…奥にあった、テラス席! 明るい木材で造られたかなり綺麗な造りで、カウンター席7席とテーブル席6つが設けられていたんですが、それとは別に奥にテラス席があり、そこにもテーブル席が6つ。 青空の下、肌寒い中で熱々のラーメンが食せようとは、それだけでワクワクしちゃいますね。 荷物置きがあったのもGoodです。 ただ、喫煙可なのでそこは好き嫌いが分かれるところ。 メニューは、あっさり醤油の市丸ラーメンを軸に、めかぶラーメン、チャーシューメン、にんにくラーメンなど展開されていますが、中でも目を引いたのがクリームラーメン。 何がベースなんでしょうか、鶏白湯スープのような白さのスープで、限定20食らしいです。 価格帯は観光地にしてはなかなか良心的じゃないでしょうか。
【麺】
ウェーブがかった細めのストレート麺です。 硬くも柔らかくもなく、特に個性は感じなかったですが、あまり期待はしていなかった中、コシはちゃんとあって、不足感が無かっただけでもよかったです。
【具】
ネギ、メンマ、チャーシュー、あと大量のめかぶ。 チャーシューは全体的にあっさりベースの中肉の旨味が活きていましたが、普通と言えば普通でした。 めかぶが思った以上にもっさりだったのが嬉しかったですね、底の方にも沈んでいたのでついスープと一緒に啜ってしまいました。
【スープ】
サッパリ風味のあっさり醤油スープです。 ベースは市丸ラーメンと一緒だと思うんですが、めかぶのダシととろみが効いているところが大きな違いで、本当にまるで広東麺のようなとろみでした。
【総評】
これは……観光地で食した一杯にしてはなかなかにイケてる一杯じゃないでしょうか、美味しかったなあ。 安いわりに全般的にしっかりした味わいで、しかもくどくないので大勢の方に親しまれそう。 和食が合いそうな場所柄的にもハズしていないし、なにより山や川が臨めるテラス席というロケーションの良さが大きいです。 ラーメン自体は非凡とは言えないですが、なかなか他にない一食が楽しめるお店ではないでしょうか。 ちなみにチャーハンは普通に美味しいチャーハンという感じで、クリームラーメンは豚骨でも鶏白湯でもないような独特の味わいでしたが、まろやかで文字通りクリーミーな一杯で、面白美味しい感覚でした。
らーめんハウス王水 蛇田店
個人的ランク☆☆☆☆☆★最寄り駅JR仙石線の蛇田駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~20:00定休日
メニュー五目うま煮らーめん950 ネギみそらーめん880 タンめん750 ピリ辛肉らーめん850 えびらーめん880 五目焼きそば900
王水ラーメン 王水外観
【2017.05.06訪問・五目うま煮らーめんを食】
【店舗】
石巻に行った際に立ち寄ったラーメン屋……というより中華料理屋です。 もう店構えからして年季の入った中華料理屋然としていて、くるまやラーメンとか彷彿とさせますね。 お客さんは老若男女問わずですが、ファミリー層が大半を占めている印象です。 席数は正確な数は計っていないですが、テーブル席が主体で、100人は軽く収容できそうなほど広々とした感じ。 メニューはかなり豊富で、何が押しなのか最初分からなかったですが、ちゃんと人気ランキングがありました。 一位:五目うま煮らーめん、二位:ネギみそらーめん、三位:タンめん。 他のメニューとしては、ピリ辛肉らーめん、えびらーめん、五目焼きそば、中華飯、まんぷくセット(ラーメンとご飯もののセット)、このお店限定で焼き肉セットやロース生姜焼き定食などの定食ものもありました。 ラーメン専門店とはやはり一線を画したラインナップですね。 価格帯は高くも安くもない、普通な印象。 こういうお店にしては珍しく麺の硬さや味の濃さを選べたので、麺硬めのみオーダー。 このラーメンに限らず全てのラーメンがそうみたいですが、ドーンとしたでかい器で運ばれてきたのが仰天でした。 あ……こういうガッツリ系なお店だったのね……
【麺】
かなり細めな縮れ麺です。 硬いという印象ではなかったかな、普通・ほんのり硬いかな程度。 デフォルトは柔らかいんでしょうね、硬めにして正解でした。 スープのとろみが絡んで味も食感もなかなかに好印象。 ボリュームはやや多め、くらいの感覚だったかな。
【具】
イカ、エビ、タケノコ、豚肉、ネギ、もやし、きくらげ、白菜、さやえんどう… 五目だけあってなかなかに具沢山。 味もプリプリ熱々で良好です。 特に海鮮ものが嬉しかったなー。 ただ、器がでかくてばらけていたせいか、あまり具沢山な印象はありませんでした。
【スープ】
あんかけがたっぷり入った醤油ベースのスープ。 うん……結構美味しいです。 甘みと醤油のしょっぱさがほんのり、味は濃く思えましたが個人的にはちょうどいい塩梅。 海鮮のダシも入っているからか、旨味がしっかり効いた美味しさでした。
【総評】
一番人気だけあって、思いのほか楽しめた一食でした。 色んな具材の美味しさを堪能できたのは五目ならではですね。 あんがたっぷり絡んだ豚肉と海鮮を食べた時が一番至福だった! 食べきれないほどガッツリかと思いきや、ガッツリだったのはスープだけだったので、お腹が減っていない状態で食べましたが完食出来ました。 具沢山な印象を出すためにこれは器はもっと小さくても良かった気も?
らーめん かいじ
個人的ランク☆☆☆☆☆☆★最寄り駅地下鉄の八乙女駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間[月~金]11:00~15:00 17:00~22:00 [土日祝]11:00~22:00定休日無休
メニューかいじのらーめん880 らーめん680 味噌らーめん780 つけ麺750 炙り肉めし230 豚そば800
かいじラーメン かいじ外観
【2017.05.27訪問・かいじのらーめんを食】
【店舗】
仙台に行った際に、従兄弟の紹介の元入ったお店です。 立地としては仙台駅から結構離れていますね… 店内はカウンター席が12席にテーブル席が3つ、ゆとりある席の配置で、ラーメン屋としては広々な方かな? かなり綺麗な内装でしたが、調べたら出来て6年半くらい… そこそこのキャリアですね。 メニューは『かいじのらーめん』という店名を取ったラーメンを先頭に、らーめん、ちゃーしゅーめん、魚ダシらーめん…と続いていますが、その前に、豚骨醤油魚ダシ、豚骨味噌辛旨濃厚、濃厚つけ麺、とジャンル別になっていて、総量だと結構な量です。 ランチセットやご飯ものもあり、選ぶ楽しさがありますね。 麺の量が並盛り・中盛り・大盛りと選べましたが、並をチョイス。 しばし待って、見るからにスープが濃厚そうで美味しそうな一杯が着丼。 大きさはやや小ぶりでした。
【麺】
中太で四角い断面の、もっちりとしたストレート麺。 硬さは程良く硬く、ちょうどいい塩梅でした。 噛み心地も良く、スープの粘度が高いためかストレートのわりには結構スープを掬っていましたね。 量も並にしては思いのほかある…… 特に不足感は感じず、多分中盛りだと少々多めに思えそうです。
【具】
メンマ、青ネギ、味玉、チャーシュー、あと海苔が一枚ものと刻み海苔が双方入っていたのが面白かったですね。 チャーシューはあれだけ濃厚なスープの中だったにも関わらず、しっかり肉の旨味を感じられてGOOD。 味玉もほんのりとした甘みが心地よかったです。
【スープ】
何と言ってもこの一杯の中で強烈な要素として光っていたのがこの濃厚スープ。 予備知識が無い中ではこれは不意打ちでした。 どろりとしていて、程よく魚介と豚骨と醤油がマッチした味わいが… んーーっ、美味い!! 後半は若干ニンニクを入れてパンチを出しましたが、ガツンとしたストレス解消になるような味わいを堪能できました笑
【総評】
うん、美味しかった!! エグみのないまろやかなスープの味わいが心地よく、かなりの至福感でした。 ただ、思った以上に濃厚の度が激しく、自分はこってりは結構なところまでイケるクチですが、胃もたれ2歩手前くらいのところまで来ましたね。 そんな濃厚さでも飽きが来なかったのは、海苔の貢献か、味玉も甘みか、かいじマジックか…… 抑え気味に食べようとしていたつもりが思いのほかガッツリ食べてしまってやってしまった感はありましたが、近くにあったら十分再訪したくなるお店でした。

※星の数は個人的好み度です。あくまで質の良さ云々を表す数値ではありませんのであしからず。


▲ページの先頭へ戻る

※検索で辿り着いた方はこちらよりアンチドーテHPのトップページへ移動出来ます。