ブクロ白書番外編 ~埼玉県~ 1page

※行ったその時々により、コメントや個人的評価も変化します。

王蘭
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅東武東上線の志木駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:30~17:00定休日水曜
メニュー担々麺750


凄い古い昔ながらの店構えだが、私が中学時代くらいからお世話になっていた店。 とにかく入ったらいつも担々麺を食べる。 細めの平打ち麺で若干縮れ、凄い柔らかい。具もシンプルだが、甘みをジワッと感じる とろみが凄いスープ、あの辛味、挽き肉美味しさはいつもながら絶品。 飽きなんて物とは程遠い次元で、今まで食べたラーメンからしたら異質だが、ただただ美味い。 ある意味担々麺であそこを超える店は恐らく今後も無いかもしれない…。

はましょうらーめん
個人的ランク☆☆☆☆最寄り駅朝霞台・北朝霞駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間[月~土] 11:00~翌1:00 [日] 11:00~24:00定休日無休
メニューラーメン600 ランチセット200


赤い目立つ看板、狭めだけど綺麗な店内。ここも食後のおじやをオススメしていた。 ラーメンは醤油…?塩に思えたが…。麺は中くらいのストレートでモチッとした厚みがあり、 スープは終始アツアツで、背脂がたっぷり乗ったスープ。あっさりながら塩の旨味が活きていた。 チャーシューはとろけていたがかなり薄めで、他、メンマやネギが乗っていた。 ランチセットの餃子は二個しか乗っていなかったが、ライスは思ったより量が多めだった。 あっさりテイストで無難に落ち着く一杯で、たらふく食べられたという印象だった。

一本気
個人的ランク☆☆☆☆☆★最寄り駅東武東上線のみずほ台駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:30~14:30 17:30~21:00定休日火曜・水曜
メニューしお・しょうゆらーめん700 比内地鶏つみれらーめん930 鶏魚介つけめん800 最強の親子丼1500


麺:もっさりとまとまった細めで硬めの縮れ麺
スープ:スッキリと澄みあっさりながらも鶏の旨みが生きた無化調塩スープ

【2013.01.28訪問・しおらーめんを食】
席はカウンター席8席のみでこじんまりとしているが個人経営らしくアットホームな雰囲気の店内で カウンター席の一つ一つにクッションを敷いてくれている親切さに温かみを感じた。 メニューは上記の他、豚わさび丼180円や比内地鶏卵かけごはん250円、とり水餃子140円などなどとメニュー豊富で、 鶏を生かした塩と醤油が押しのお店のようだ。 ラーメンはまず、見るからにスッキリとスープの色が澄んで上品さを感じるビジュアルが美しかった。 正直、券売機の写真で味玉が元々入っていると勘違いして頼まなかったら入っていなかったのは残念だったが… 麺は細めの縮れ麺であっさりとはしているもののスープがよく絡み、硬めでそれなりにモチッとしているので気持ちよく食べられた。 スープは鶏100%と魚介の鶏魚介ダブルスープとのことで鶏の旨みが前面に出ていたが、変なクセや臭みはなく、 見た目通りスッキリとした味わいなので飽きとも無縁で熱々ながらもゴクゴクと飲めた。 具はメンマ、青ネギ、チャーシュー、水菜、鶏団子と乗っていたがチャーシューが豚版と鶏版が入っていたのが面白かった。 個人的にはシーチキンのようにサクッとほどけてあっさりめなラーメンの中ではひときわ大きなアクセントとなっていた豚の方が好めた。 全体的に旨みに隙がなく、優等生ラーメンぶりがうかがえた。

手打ち中華もめん
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅東武東上線のみずほ台駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:30~16:00 17:00~21:00 日・祝11:30~21:00定休日火曜
メニュー中華そば650 煮玉子100 ご飯セット150 ワンタンメン750 胡麻タンメン700 ネギ辛ラーメン700


麺:中太でもちもちした縮れの強い手打ち麺
スープ:岩手の鶏ガラを使用したスッキリとした無化調醤油スープ

【2013.02.04訪問・中華そば・煮玉子を食】
店内は広めだが、お客さんがファミリー層が多いためか カウンター2席・テーブル席4つという変わったレイアウトだった。 店主は福島県白河の有名店・とら食堂で修行をしたということで、 古き良き醤油ラーメンを生かした白河ラーメンがウリであるところが特徴。 まずラーメン以前に、ご飯セットを一緒に頼んだのだが、サラダやかぼちゃの煮物・キムチがセットとなって運ばれてきて ラーメン定食とも言える豪勢な料理を頂けたのが感動的だった。 麺は手打ち麺とのことだが、縮れが強くもちもちシコシコつるつるとしていて味わいもいいが食感も楽しめる。 スープは岩手の鶏を使った鶏ガラベースの無化調健康スープとのことだが、正直ファーストインパクトとしては薄いな……という感じだった。 しかし飲めば飲むほど飲みたくなる奥行きのあるスープで、あっさりなので他の具が前面に生かされていて オーソドックスな醤油ラーメンを限りなく昇華させたような印象を受けた。 具はスモーキーで硬めのチャーシューに、メンマ・海苔・青ネギ・ほうれん草・煮玉子とバリエーション多く入っているが その中に懐かしのなるとが入っているのが特徴的で、初見のビジュアルの綺麗な彩りが凄く印象的だった。 パンチの効いた味ではないものの食後感のスッキリとした心地が良く、ふっと急に食べたくなるリピート率の高いお店かもしれない。

麺道つけ麺 釜照(かましょう)
個人的ランク☆☆☆☆★最寄り駅東武東上線のみずほ台駅閉店しました
営業時間11:00~15:00 17:30~23:00定休日無休
メニューつけ麺780 辛つけ麺830 味噌つけ麺800 らーめん700 (並・中は同価格)(味玉付きは+100)


麺:硬くもっちりとしたコシと弾力の強い太麺
スープ:まろやかでやや辛味の入った挽き肉が美味しい味噌スープ

【2013.02.11訪問・味玉味噌つけ麺[中]を食】
12席のカウンターのみで狭めな店内で、木目調の小奇麗な内装だが いかにもラーメン専門店といった佇まい。 味噌つけ麺なるものがあるのが特徴的で、早速その一杯を頂いた。 ボリュームは並と中が同一料金で、中を頼んだのだが思ったより多めの麺が運ばれてきた。 完食できるか若干の不安を抱えながらもまず麺を食べたのだが、かなりインパクトは強い方。 硬くもっちもっちとしていて、弾力もあるので噛み切るのにアゴの力を結構使うストレートな太麺。 肝心な味噌スープはもやしや挽き肉やネギ・メンマなどが具沢山の味噌スープで、辛味ダレが入っているのかピリ辛。 しかしつけ麺のスープにしては味がまろやか過ぎて、単体でも飲めてしまいそうなほど薄め作りなので物足りない感があった。 味そのものは悪くはなかったがどちらかというとスープよりも麺の方に印象の強さを感じた一杯だった。 チャーシューも味はしっかり乗っていたもののパサッとした感覚で、味付け玉子もしょっぱさが際立っていたのでプラスポイントまでは至らなかった。

めんや 正明
個人的ランク☆☆☆☆☆☆★最寄り駅東武東上線の志木駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:30~14:30 18:00~商品売切次第終了定休日水曜
メニュー鰤(ぶり)らあめん680 鶏そば680 鰤チャーシュー麺980 海老ワンタン鶏そば880


麺:博多豚骨ような細麺だが硬めでしっかりコシあるストレート
スープ:スッキリと澄みながらも鰤の味がほんわり生きた熱々の醤油スープ
【2013.03.04訪問・鰤らあめんを食】
静かで木目調のかなり綺麗な店内だが、カウンター7席のみでかなり狭め。 店内に入った途端、ふんわりと鰤の心地よい香りが漂った。 麺はまるで博多豚骨のような細さでありながら、堅めでしっかりコシあるストレートで、しっかり練られた自家製麺。 そしてスッキリと澄み、鰤の味がほんわり生きた醤油スープは あっさりな感覚ながらも油が強めなためか熱々でしっかり味が麺に絡んだ。 具もメンマ、青ネギ、かいわれ大根、白菜、鰤チャーシューという布陣が面白く、どれもシャキシャキとした味わいの中 バーナーで炙られたチャーシューはサクッとほどけて鰤そのものの美味しさが全面に感じられた。 店内の香り・食べ心地・美味しい魚料理を食べた後のような食後感まで池袋の生粋によく似た印象で、それでいてオリジナリティがあるのでポイントは高い。 上品でバランスが良く、変な生臭さや飽きもなくてなかなか隙が見当たらないが、 強いてマイナス点を挙げるなら麺が細いせいかボリューム不足を感じたので全体的にもっと食べたかった。

麺屋くらら
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅東武東上線のみずほ台駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~翌5:00定休日年中無休
メニュー純とんこつ麺760 節とんこつ麺780 しょうゆ・しおらーめん680 みそらーめん760 担担麺840
くららラーメン くらら外観
【2014.04.08訪問・玉子かけごはんセットを食】
【店舗】
店内は普通のラーメン屋然としているが、凄く綺麗な造り。 女性も気兼ねなく入れそうで、現に女の子の二人客もいた。 水がレモン風味であるところが特徴的。 このお店は以前も来たことがあって、その時はあまり良い印象は抱いてなかったのだが… 以前と違ってメニューが変わったような?とりあえず平日ランチ限定セットメニューの玉子かけごはんセットをオーダー。
【麺】
中細のややウェーブがかったストレート麺。 もっちりしていてコシはあるが、スープに比べるとやや主張は弱いだろうか。
【具】
デフォルトでとろっとした味玉が入っているのが好印象。 他はネギにほうれん草、ほぐされたチャーシューに海苔、コリッとしたメンマ、一通り入っていてクオリティもなかなか良さげ。
【スープ】
かなりまろやかでクリーミーな豚骨スープ。 正直この一杯の中で一番突出して良さが感じられた要素だった。 濃厚かつこってりめで、甘味があり、雑味がなく……えるびすの極豚骨ラーメン山頭火の塩豚骨を思い起こしたが、癖になる美味しさだった。風風ラーメンの豚骨スープを更に美味しくさせた印象だろうか。
【総評】
以前食べたのは節とんこつラーメンだったか…食べたラーメン自体違うのだが、格段に美味しくなった一杯を頂けた。 お店の人に聞いてみたところ、研究を重ねてラーメン自体変えていると言われたが、素晴らしいラーメンに辿り着いたもんだなーと思えた。 玉子かけご飯はただ家庭用のものみたいに卵に醤油をかけたものではなく、独特の味わいがあったが、ライスの量が多く、総じてかなり満腹になってしまったが…… ただお腹を膨らませてしまった印象もあったので、ラーメンだけでも良かったか。 デフォで玉子が入っているのでコスパ的にもなかなか、麺や具もそれなりに良かったがまろやか豚骨スープが全体を牽引している印象だった。 ラーメンのバリエーションも多く、替え玉システムもあり、豊富なアルコール類やおつまみもあるので飲み処としての用途もあり、色々と意欲的なお店だなと思う。
鶏そば 一瑳
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅浦和駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~15:00 18:00~翌1:00定休日無休
メニューあっさり鶏そば680 濃厚鶏そば750 まぜそば750 鶏白湯つけ麺並盛り700 替え玉100


麺:博多豚骨のような自家製の極細麺だがしっかりコシあるストレート
スープ:クリーミーで濃厚かつ味の強い鶏白湯スープ

【2013.08.15訪問・濃厚鶏そばを食】
浦和駅から1分くらいで辿り着くようなほぼ駅前の立地でアクセス良し。 店内はかなり広い印象で、カウンター8席 テーブル席2卓とのことだが 木目調でかなり綺麗な造りで、女性でも気軽に入れそうな雰囲気があった。
麺はオーダーしてから数分も経たないうちに着丼……かなり早い。 まず最初に「ん?」となったのは麺にところどころ練り込まれた茶色い点々だった。 自家製麺とのことだが、胚芽?オーソドックスな博多豚骨に使われるような極細麺で、細いながらもしっかりとコシあるストレート。 とろみあるスープがしっかりと絡んで好印象。
具は青ネギに、細身ながらコリッとしたメンマ、モサッと乗った白髪ネギ、そしてチャーシューは鶏製で皮に炙りが入っていてかなりジューシー。 サクッとして口の中でとろっとほどけ、かなり絶品。
そして濃厚で味の強い鶏白湯スープ……そこまで粘度は無いがまろやかでとろっとした旨味があり、飽きとは全く無縁。 今回はオーダーしなかったが替え玉制度があるので、極細麺のボリュームの少なさを補完することも可能なようだった。 元々飽きは来なかったが、卓上にあったラー油を混ぜたら味をガラッと変えられたので、替え玉時に味を変えてみる、という方法が良いかもしれない。 大阪のラーメン人生JETと比べると若干及ばないかな?という気はしたが池袋にある鶏の穴と同格くらいの美味しさは感じた。 雰囲気良く、サービス良く、コスパも悪くなく、特にマイナス点の見当たらないお店で ラーメンは見た目は上品な印象だが、鶏そばと呼ぶにしてはかなりアグレッシブでこってりの部類に分類されるんじゃないかってほどの濃厚さだった。

あさか麺工房 朝霞本店
個人的ランク☆☆☆☆☆最寄り駅東武東上線の朝霞駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間[平日]11:30~15:00 17:00~23:00 [土休日]11:30~23:00定休日無休
メニューつけ麺750 塩つけ麺800 辛つけ麺800 らーめん700 まぜそば750(並・中は全て同一価格)


麺:黄味がかった太めのストレートで、弾力があって歯応えバッチリな自家製麺
スープ:濃厚でとろとろで粘度が高く、苦味などのクセが一切無いまろやか魚介豚骨

【2013.09.02訪問・つけ麺(中)・味付玉子を食】
二人がけのテーブル席9つで、カウンターは3席くらいだろうか、 ほどほどに空調が効いていて、特別洒落たというほどではないが 古びた造りでもなく、小綺麗でやや広めの店内。
麺は太めのストレートで、黄味がかっていて弾力があり、歯応えバッチリ。 麺そのものにしっかり味が練り込まれていてそのまま食べても美味しく、作り込まれていて自家製麺らしいこだわりを全面に感じた。
具は青ネギに細身のコリッとしたメンマ、味玉はデフォルトのものと自分でオーダーした別皿のもので、やや半熟気味だがアクセントとして十分の味付けが施されていた。 チャーシューはとろとろタイプではなく硬めの炙りチャーシュータイプで、これはこれで好きなビジュアルだったが濃いめの味付けがされていて、もっと欲しいくらいだった。
スープは粘度が高く、濃厚でとろとろの魚介豚骨スープだが、動物性の強いコクを感じて魚介の苦味がほとんど感じられず、まろやかでまるでクセがない。 麺に尋常じゃなく絡むので麺が無くなる頃にはスープ割りをするには物足りないくらいの量になっていた。
うん、初見は端正なビジュアルで別段特殊な印象はなく、普通のつけ麺然としていたが……これは想像以上に美味しかった。 オーソドックスといえばオーソドックスだが並のお店と比べたらどれも明らかに上品質で、麺工房と名乗るだけあって練り込まれた麺を筆頭にどれも満足度高し。 スープ割りは和風だしで魚介強めのあっさり風味に味わいを変えてくれていて、食後感をサッパリしたものに昇華させてくれていた。 クセもまるで無いので誰にでも勧められる優等生店舗、という印象。 ただ、コスパとしては普通だろうか、もう少し安くすることで他の店との更なる差別化を図ってほしかったように思う。

雷神麺屋
個人的ランク☆☆☆☆最寄り駅東武東上線のみずほ台駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~24:00定休日無休
メニューとんこつ醤油ラーメン650 とんこつ塩ラーメン680 うま辛醤油ラーメン750 つけめん680 特製つけめん980 玉子80

【2013.10.03訪問・とんこつ醤油ラーメン・玉子を食】
【店舗】
みずほ台駅東口、徒歩3分くらいのところにあるお店。 店内は柄の入った壁紙が貼られたかなり綺麗な造りで、カウンター11席のみだが女性一人でも気軽に入れそうな雰囲気がある。 このお店の大きな目玉は『替玉は何玉でも無料』。 麺は普通麺をオーダーしてしばらくしたらかなり端正なビジュアルのラーメンが運ばれてきた。
【麺】
たまご麺のような黄色みがかった色合いの縮れ麺で、中細で結構硬め。 しっかり噛み応えがあって、縮れているのでまとまって口の中に頬張りこめて食感が楽しめられた麺だった。
【具】
ネギ、パリッとした海苔が入り、味玉がデフォで入っていたのでトッピングの玉子は不要だったかも。 メンマやほうれん草が入り、チャーシューはサクッとした食感でやや固めだが味はしっかり付いている。どれも小振りめだったが、具沢山でまずまず好印象。
【スープ】
まろやかな豚骨醤油だが、豚骨の度合いが強く感じられるスープ。 臭みがまったく無いのはいいが味が単調で、風風ラーメンの豚骨ラーメンの味わいに似ているがパンチが物足りないという意味ではそれ以下かも?
【総評】
ラーメンは安めの価格設定だが味もそれなりであることを考えると単純なコスパとしてはまずまず、ただ何にしても替え玉無料のインパクトが突き抜けている。 実際は麺のボリュームが結構あったので替え玉は一回しか頼まなかったが… あと空調がしっかり効いていて、涼しく心地良い風を浴びながら熱々のラーメンを堪能出来たのは良かった。
晴桜
個人的ランク☆☆☆☆☆最寄り駅東武東上線の朝霞台駅移転しました
営業時間11:30~15:00 18:00~22:00(金・土は24時まで)定休日水曜日
メニュー濃厚みそラーメン850 まぜそば850 汁なし坦々麺850 ラーメン750 つけ桜850(全て並価格。大盛りは100円増し)

【2013.10.17訪問・濃厚みそラーメンを食】
【店舗】
朝霞台駅より降りて徒歩5分強のところにあるお店。 カウンター席は7席ほどか、テーブル席は一つのみだが、広々と使われていて狭い感覚は無い。 様々なPOPの中の無料トッピングの欄にヤサイ・ニンニク・アブラ…などの項目があったが、 二郎系でお馴染みの野菜ドカ盛りが可能な店なのか!と衝撃を受けた。 とりあえず野菜チョイ増しをオーダーしたが、思ったよりは控えめの野菜が乗った丼が運ばれてきた。 「野菜の量はこれくらいでいいですか?」と丁寧に確認してきてくれた店員さんが好印象。
【麺】
うどんを思わせるほどの極太麺で、程よい硬さでどっしりもっちりした噛み応えで、スープがしっかり絡んでいてかなり質の良い食感と味。
【具】
野菜がキャベツ入りのもやし、それとバラロールタイプの柔らかいチャーシューのみ。 野菜がもっさり乗っているとはいえちょっと品数としては貧弱でアクセントが足りない印象か。 チャーシューは濃厚なスープの味に隠されて控えめの味に感じたが、しっかり肉の旨味のアクセントにはなっていた。
【スープ】
とろとろっとしたとろみがあって、濃厚かつビターな味の味噌スープ。 油が強めで物凄く麺に絡み、ピリ辛なエッジも効いていて飽きはまったくこなく、むしろとろみが強い濃厚な味噌の旨みが中毒性を感じるほどだった。
【総評】
麺・スープ共にクオリティ高し。 野菜は物足りなさを感じたので半増しにすればよかったかなと後悔したが、欠点を挙げるなら具の不足感だろうか。 麺の量が並にしても多くて、かなりボリューミーだったのはいいが具がチャーシューを抜かせば野菜のみなので、 後半ひたすらもやしと麺を口に入れるのみだったのは一本調子に感じてしまった。 850円という価格を考えるとコスパもキツいので麺の量をもう少し少なめにして安めの設定にしてもらえるとありがたいと感じた。
決まってません
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅東武東上線の朝霞台駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:30~スープ終了まで(14時くらいが多い?)定休日
メニューラーメン650 ライス0

【2013.10.21訪問・ラーメン・ライスを食】
【店舗】
朝霞台駅から徒歩10分弱くらいだろうか、大通り沿いにあるが住宅街に紛れていて知る人ぞ知るお店然としている。 席はカウンター6席のみだが、かなり広々としていて 人の家の中に店があるような感覚の、かなり風変わりな見映えの店内。
【麺】
太い平打ち縮れ麺で、きしめんのようでこれまた珍しい形。 やや柔らかめだがコシはしっかりとあり、スープが絡みに絡んでいて食べ心地良し。
【具】
まず爆盛りのチャーシューが驚き。ブロック状の、硬めだがサクッとほどけるチャーシューがゴロゴロと乗り、まるでチャーシュー麺のよう。 半熟めの味玉があり、丸みある甘さがあって、苦味あるスープの中これはいいアクセント。 そして白髪ネギが入り、海苔5枚入っているという大盤振る舞い。ただ、メンマは入っていなかった。
【スープ】
黒々とした超濃厚な醤油で、ドロッとした感じは無いものの背脂がやや強めで、麺によく絡む。 キリッとしたエッジの効いた味でこれも他にはなかなか無い味で、初めは良かったが後半独特の苦しょっぱさが突き抜けて、飽きが入ってしまった。 中和用のライスや水はむしろ必須にも思えた。
【総評】
コスパが類を見ないほど良く、味も全体的にしっかり練られていて美味しかった。 内容は1000円くらいしてもいい全部乗せのボリュームで、ライスは無料、チャーシューの量もさることながらライスのボリュームも相まってお腹一杯になれた。 ただ、鋭過ぎる味のスープがちょっと残念で、さりとてそれを緩和させるような調味料の類は無く、代わりに頼めるメニューのバリエーションも無いので、再訪するならかなり期間を空けて、だろうか。
三四郎
個人的ランク☆☆☆☆☆★最寄り駅東武東上線の鶴瀬駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:30~15:00 17:30~20:30定休日月曜
メニュー味玉Sio豚骨830 魚介豚骨正油730 カレーつけ麺800 海老味噌つけ麺800 限定豚トロSio850

【2013.11.22訪問・味玉Sio豚骨を食】
【店舗】
地元の鶴瀬駅西口から歩いて5~10分のところにあるお店。 カウンター14席のみでテーブル席はなかったが、新しいので綺麗な内装だったのはもちろんのこと、 わりと広々とした店内なので気軽に入れる雰囲気がある。 山頭火出身の方が経営しているお店とのことだが、 メニューを見てみると…なるほど、山頭火では筆頭ラーメンだった塩豚骨がトップに来ていた。
【麺】
山頭火でも馴染みだった極細のストレート麺…細身ながらもしっかりコシがあり、スープの脂が絡んで美味。 博多豚骨を食べている要領で、わさわさと口に運べた。
【具】
パリッとした乾燥海苔と青ネギ、やや細身のメンマにやや半熟気味でとろっとした甘みのある味玉、 そして味とビジュアル共に端正でほろっとほどけるチャーシューが二枚入り、こちらは肉の旨みが物凄く美味。 チャーシュー>味玉>他 の順で印象に残った。
【スープ】
こちらも山頭火を思い起こすとろっとして物凄くまろやかな塩豚骨スープ。 甘みが強めな中ほんのりと塩味とパンチが効いていて、味のバランスがかなり良し。 脂がやや強めなもののこってりほどの印象でもなく、ごくごくと飲めて親しみやすい、落ち着く味わい。
【総評】
この近辺ではかなり美味しい部類に入るラーメンじゃないかなと思う。 ただ、個人的な印象を書くと…山頭火や風来居の味で馴染んでいる自分としては、予想以上でも予想以下でもなく、鮮烈なイメージはなかった。 それと、友人が言うには貼り紙に20時半ラストオーダーと書いてあったのに20時頃入店しようとして入店が断られたらしい。 そのあたりの設定にしっかりしていないものを感じ、好きな系統のラーメンではあるがやや厳しめの評価となった。 価格ももう少し安い方がありがたい。
一指禅 ふじみ野店
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅東武東上線の上福岡駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~翌4:00定休日月曜日(祝日の場合翌日休)
メニュー一指禅らーめん650 味玉子100 みそらーめん800 学生らーめん500 肉丼300
一指禅ラーメン 一指禅外観
【2014.01.02訪問・一指禅らーめんと味玉子を食】
【店舗】
川越街道沿いにある、駅からだと結構距離のあるお店。 店内は広めで、使い込まれてる感じがあったが綺麗な木目調で…テーブル席が三つ、 カウンター席も椅子が繋がっていてそれが5つ。 かなり繁盛していて活気のある雰囲気だった。 このお店の面白いところは高菜とネギがセルフサービスで 入れたいだけ入れられるシステムになっているのでネギ抜きやネギ爆盛り等が出来るところ。
【麺】
卵麺のように黄色い色をしてぷっくりとした中細の縮れ麺。 もっちりしていて噛み応えは上々……スープを絡めながらもしゃもしゃと口に運べるのが心地良い。
【具】
海苔が一枚とコリッとした中くらいのメンマが少々、味玉は完熟一歩手前でとろっとしていて甘味があり、かなり好感触。 チャーシューも程々の厚みで脂身が強く、肉の旨味があってしっかりと一番の主張を放っていた。
【スープ】
これは塩豚骨だろうか、山頭火や風来居との比較だとスッキリした印象で、まろやかで当然臭みや飽きの類はゼロ。 ただ、甘さや辛さなどのアクセントは乏しく、あっさりめな印象でコクは感じたものの個人的にはもう少しパンチが欲しかったか。
【総評】
替え玉システムがあり、100円という低価格だったのでハリガネでオーダーしたのだがそのあたりは九州豚骨のお店のシステムを踏襲している。 しかし純粋な博多豚骨の味とは異なっていて麺も極細ではなく中細麺だったので面白い形態だなーと思った。 ネギがセルフサービスだった点を含め、チェーンながらオリジナリティを感じるお店。 麺で言えばこちらの方が、スープで言えば風来居の方が個人的には好きだが、コスパの点でこちらはかなり光るものを発揮している。 ネギをもっさり入れて食べて、替え玉では硬さを変えて高菜を入れてピリ辛風味にして食べたら二つの味も楽しめ、お得度はかなり高いように思える良店。
匠亭
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅東武東上線の志木駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間9:00~22:00(18:30~19:00に店仕舞いが多い)定休日サティ定休日
メニュー煮干ししょうゆラーメン600 しょうゆ605 みそ630 とんこつ680 つけめん630 極旨キムチらーめん735
匠亭ラーメン 匠亭外観
【2014.01.20訪問・煮干ししょうゆラーメンを食】
【店舗】
志木にあるイオンのフードコートのラーメンが美味しい!! そんな噂を嗅ぎ付けて訪れたが、本当に見た目は『ザ・フードコート』。 テーブル席が少なく見ても10個以上……平日の昼間に行ったのでほぼガラガラ状態だったが、 このラーメン屋を目当てに行列が出来るとかあるのだろうか……メニューは結構豊富で、醤油・味噌・豚骨・つけ麺・キムチラーメン・担々麺と一通り揃っていた。
【麺】
卵麺のように黄色みが目立った中くらいの縮れ麺。もっちもっちしていて口に吸い付く感覚で、食感や太さ共にかなり好みの麺だった。 新潟天然水仕込みの現地直送の麺を使用とのことだが、美味しいものは水にこだわると言われているがその恩恵もあるのか結構クオリティ高し。
【具】
まず、分厚くて柔らかい、とろけるチャーシューが絶品だった。 肉の旨味ギッシリで、まずそのへんでは頂けない味わい…スープの旨味にすらも影響を与えていた。 あと穂先メンマが特徴的で、箸ですくわなくても勝手に麺に絡んでついてくるのが面白かった。 味玉は完熟、熱々で旨味はしっかり。 ワカメやネギも入り、セルフサービスで揚げ玉ねぎが入れられたのも良好だった。
【スープ】
醤油と鶏がらがベースかな?煮干し醤油とのことだけどうっすらと煮干しが香る程度で苦味がほとんど無く、濃いめの煮干しが苦手な自分でもすんなり飲めた。 優しい味わいでかなりあっさりしているが、油がやや強め。 甘味と旨味が前面に出ていて、熱々だった。
【総評】
うん、確かにフードコートにしてはかなり美味しく、コスパの良さも感じた。 ただ、スープがあっさりというよりも薄めで単調さを感じて、ここだけはフードコートレベルに毛が生えた程度だったかな、と思えたが… それ以外は総じてかなりクオリティ高めでコスパも高く、フードコートといえば島根県のシルクウェイにちはらや池袋の与六 BUSHI道 IKE麺KITCHENとか思い起こすがそれらのどこよりも良く、個人的にはフードコートでは最強クラス。 専門店だと中の上クラスかな? もっとスープが良ければどこに行っても堂々と専門店としてやっていける味じゃないかなーと思えた。
松田家 志木店
個人的ランク☆☆☆☆最寄り駅東武東上線の志木駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~03:00定休日年中無休
メニュー豚骨醤油味玉790 極み鶏750 豚骨醤油(塩)690 豚骨味噌700 松田家特製つけ麺880 中華そば690
松田家ラーメン 松田家外観
【2014.02.03訪問・豚骨醤油味玉を食】
【店舗】
見た目は池袋商店を思い起こすゴージャスな外観、ただ、立地が…… テーブル席が三つ、カウンターは10席くらいだろうか。 赤白茶で統一された木目が基調の店内で、明るく、有線がかかり、広々としていてくつろげる雰囲気。 ランチタイム内だったので無料の半ライスを付けてもらったのだが、 お客さんが少ないのもあったのか提供スピードがかなり早くビックリした。
【麺】
長方形な形状をした断面の縮れ中太麺。 硬めでオーダーしたのでしっかり硬めだったが弾力はあまり強くなく、プツッと噛み切れて普通の硬麺といった印象。
【具】
ほうれん草、海苔が三枚、青ネギ、味玉はジュレ状で柔らかかったが、薄味であまり甘味はなく、スッキリめの味わいだった。 厚めでホロッとほどけそうなチャーシューは「むむっ、いいじゃん!」と思えた良いアクセント。 肉の旨味が心地良く、ご飯のいいお供にもなった。 そして紅しょうがやニンニクなどトッピング可。
【スープ】
わりとスッキリしていた味わいの豚骨醤油。 サラサラしていてとろみや深みは感じず、豚のコクはあるものの、家系にしてはあっさりめの味わいという印象。 臭みや飽きはほぼ無し。
【総評】
オーソドックスながらもライトな感覚の家系ラーメンで、万人受けしそうな反面、深みは足らず埋もれてしまう印象だった。 個人的にはそこそこ美味しく食べやすい家系、という印象にとどまった。 サービスも雰囲気も悪くないし、特にマイナス点はなかったけども、強いて言うならば立地の悪さは見過ごせないか……近辺のピンク・ブラックな印象が…… 初めて家系を食べてみようという入り口的な扱いとしてはいいかもしれない。
中華蕎麦 瑞山
個人的ランク☆☆☆☆☆☆☆最寄り駅東武東上線の朝霞駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:30~22:30定休日月曜日
メニュー特製しおそば900 しおそば700 つけそば700 辛つけそば750 中華そば680 台湾ラーメン730
瑞山ラーメン 瑞山外観
【2014.03.01訪問・特製しおそばを食】
【店舗】
店内はコンクリート打ちっぱなしのお洒落な雰囲気で、モノトーンな配色でモダンな感じ。 物凄く綺麗な内装でデートにも気兼ねなく利用が出来そう。 テーブル席4つ、カウンター10席で思ったより狭くはなく、色んな意味で雰囲気としては上々。 ラーメンの見た目は随分小さめの器だなと思ったら深さが物凄くあり、麺処グロースにも似ていた。 ビジュアルが美しく品があり、お店の品質と妙にマッチしていた。
【麺】
一口目でむむっ!ときた。 細麺のストレートで、硬めで細身ながらも噛み応えがあり。 しっかり麺の味もあり、ワシワシと口に運ぶのが楽しい麺だった。
【具】
カイワレ大根、ネギ、パリッとした海苔が三枚、メンマは穂先メンマ?ピロッと長くて特徴的。 そして、『ん?これメンマ?』と感じた硬いコリッとした食感の…タケノコ?? メンマに紛れて面白い食感が楽しめた。 味玉はかなり柔らかい半熟玉子で、甘みが強くこれもかなり良い感じ。 しかし更に輪をかけてチャーシューが特徴的で、ささみっぽい鶏のものと豚と、大きめのものが二種類入っていたのが感動的だった。
【スープ】
綺麗な黄金色の済んだ鶏塩スープ。 これは……なかなか絶妙な味わい! 淡麗系と言われるとそうなのだが、しっかり鶏のコクがあり、物足りない感は感じない。 更に底の方には鶏のそぼろ肉がゴロゴロ入っていて、それが良いアクセントになって最後まで飽きない作りになっていた。
【総評】
これはなかなかに素晴らしい一杯だった。 感覚的にはフルルが一番近いだろうか、池袋に出店しても十分渡り合っていけそう… この近辺では一番美味しいお店なんじゃなかろうか。 マイナス点がなかなか見当たらない… 強いて挙げるなら、斬新性にはちょっと乏しい、くらいかな? 麺や具、スープ、どれを取っても並々ならぬこだわりを感じて、美しく、調和の取れた美味しい味を実現させようとした意気込みを感じた一杯だった。 塩といえばここ、と胸を張ってお勧め出来る一店になりそうだ。
自家製麺 ラーメン慶
個人的ランク☆☆☆☆☆最寄り駅東武東上線のみずほ台駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間[月~土]11:30~15:00 18:00~22:30(祝日は21時まで) [日]11:30~21:00定休日水曜日
メニューラーメン正油味(塩味・辛味)650 味付たまご100 特製ラーメン900 つけ麺正油味(塩味・辛味)700 特製つけ麺950
慶ラーメン 慶外観
【2014.03.03訪問・ラーメン正油味&味付たまごを食】
【店舗】
店内は民家のような独特の造りで、綺麗な内装で香りも独特の新築の家のような感じ。 木目調で、昼間にも関わらずやや照明は暗め。 席はカウンター8席のみだが、感覚的には広々としている。 厨房内では屈強そうな男性店員が二人で働いていたが、物腰は丁寧で穏やかで好感が持てた。
【麺】
輪郭がハッキリとした自家製の中細ストレート麺。 ピロッとした感じで、スープのヌメりがよく絡んでいるためか柔らかい印象だったが芯はしっかりとしたものがある。 正直、硬くてコシが強い麺が好きな自分としてはヒットしなかったかなあ。 スープがよく絡むんですが、そのわりに味が薄味に感じたのが残念だった。
【具】
ネギに海苔、そのままの味が活きた長めの穂先メンマ、甘みある柔らかい半熟味玉は黄身が餡のようにとろっとしている。 硬めでサクッとしたシーチキン感覚の豚肩ロースチャーシューも、厚みと旨味がありかなり好印象。 どれもしっかりとした素材。 これの味玉抜きがデフォルトなんだろうけども、デフォルトの具としてはいい感じに思えた。
【スープ】
茶色い濃厚そうなビジュアルのわりにスッキリとした味わいの鶏白湯醤油。 やたらとヌメッとしたとろみを感じるなと思ったら、コラーゲンが沢山含まれているとのこと。 んー、魚介の風味があって、旨味はあるのだが、どこか核が抜け落ちたような物足りなさがあるような? サッパリというと聞こえはいいが、コクが足りなく水っぽい感じに自分は感じてしまった。
【総評】
麺・具・スープ、三つの要素の中で今回一番ヒットしたのが具だった。 ビジュアルは凄く端正で濃厚で美味しそうに見えるが、思いの他あっさりだったのが物足りなさとして反映されてしまった感があったか。 食べている感覚はとろみ具合がカップラーメンの広東ラーメンがちょっと似てるだろうか。 魚介っぽさがそうさせているのか、初めは美味しいのだがあまり量を食べると食べ飽きてしまうタイプのラーメンかなと個人的には感じた。 ただ、全体的なクオリティとしては近隣では高い方で、かなりのこだわりを感じる。 何だかんだみずほ台では一本気ともめんの次に好きなラーメン屋に入りそう。
中華そば 幻六
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅東武東上線の朝霞台駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~15:00 18:00~22:00(スープがなくなり次第終了)定休日水曜日
メニュー幻六特製醤油そば950 幻六醤油そば700 幻六醤油ワンタンそば900 はまぐり飯300(大盛りはすべて100円増し)
幻六ラーメン 幻六外観
【2014.04.22訪問・幻六特製醤油そばを食】
【店舗】
朝霞台駅南口より徒歩1・2分ほど、中華料理屋の前に新しく出来たお店。 店内はかなり狭く、厨房を足しても一部屋分しか無いんじゃないかというほど。 変則的な形をしたカウンター7席のみ、 全面シックな色の木目調で最近ではありがちな雰囲気のラーメン屋然としている。 メニューの種類は醤油そば一点のみで、ワンタン麺やはまぐり飯などがあるのが特徴的。 あと卓上には刻みわさびが置いてあり、途中で加えるとすきっとした味わいが楽しめるとのこと。
【麺】
ややウェーブがかったツルンとした細めの自家製麺で、全粒粉麺とのことで色味が茶色っぽく、練り込まれたツブツブが見える。 コシもしっかりしていて食べ心地は良好……まさに『蕎麦』という感覚。
【具】
赤みがかった生ハムのようなビジュアルの肩ロースと思しきチャーシューに、ネギ、三つ葉、ハマグリ、海苔、細身だが甘味がしっかりついていたメンマ、そしてワンタン。 特製だけあって具沢山だったが、チャーシューがやや生臭いものなのがあったのがマイナス点。 だが全体的に品格があり、中華というより和食方面感覚が強い。
【スープ】
油は強めだけどもスッキリとした味わいの魚介ダシ醤油スープ。 動物系としては鶏・豚・牛が使われているらしいが、肉肉しい感じは無く、どちらかというと一風変わった魚介っぽい味わいの方が強い気がする。 多分その一風変わった感覚がハマグリが生かされている部分だと思うけども、苦味や変なクセはまった
岡ちゃん外観
く無く、ごくごくと飲みやすくて美味しい。
【総評】
スープの魚介と具の肉の旨みの調和が取れた、かなりクオリティ高い一杯だった。 あまりハマグリハマグリとした感じでは無かったけども、独特の味わいを持たせるには成功していた感じ。 ただ、際立った独特さを出すならもっとハマグリの特徴を出してもいいかなと個人的には思った。 池袋の生粋と少し似た方向性を感じるけども、生粋で感じた秋刀魚の力ほどこちらのハマグリの力は感じなかった。 上品な一杯、プラスアルファやや独特さがある、といった印象。 ただ、刻みわさびを入れたら確かに味が更に引き締まり、和風の蕎麦方面が更に強まった感覚になった。 ワンタンやチャーシューは美味しかったけども、無いといけないというほどでもなかったので、普通の醤油そばにはまぐり飯を合わせた方が良かったか。
岡ちゃんラーメン
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅東武東上線のふじみ野駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間[月~土]11:30~15:00 17:00~翌1:00 [日]11:30~15:00定休日木曜日
メニューとんこつチャーシュー醤油900 とんこつ醤油・塩650 とんこつ味噌750 とんこつつけめん醤油750 辛とんこつ750
岡ちゃんラーメン
【2014.04.29訪問・とんこつチャーシュー醤油を食】
【店舗】
実に十数年ぶりに行ってみたお店。 席は六席のみで、プレハブっぽい感じの…正直未だかつてないほど狭い店内である…。 コワモテそうだけどわりと気さくなおやっさんが運営していて、 常連と思しきお客さんと会話していたのが印象的だった。 木製造りで卓上には調味料の類はほとんど置いていなく、 水がセルフサービスでコップは店内にあるのに肝心な水が外にあったのが面白い。
【麺】
中くらいの太さの縮れが強いピロッとした麺。 スープはよく絡むのだがかなり柔らかい印象で、 硬めのオーダーは出来るのだろうか。 印象としては具やスープの方が勝っている感じだった。
【具】
チャーシューは程々の厚みのバラロールタイプのものが四枚入っていて、ほどけるほどではないけどもとろっとした柔らかさで、かなり美味。 くどくなる感じでもなかったのでチャーシュー麺にして正解だった。 他には味玉、海苔、ネギ、胡麻が入っていたが、どれも新鮮でピシッとした良い印象。
【スープ】
背脂が強めに乗った豚骨醤油スープ。 実はフルーツがダシに使われてるとのことだが、その恩恵なのかどうか、甘味があって苦味や臭みがまったく無い…… まさにまろやかと呼ぶに相応しい、優しい味わいのスープだった。 こってりめだけども飽きはこなく、最後の方まで美味しく飲めた。
【総評】
先日の究極Y'sラーメンでは思ったほどの感動は得られなかったのだが、この岡ちゃんは思っていた以上に美味しく味わえて、 懐かしく……「これだ、そうだこれだった!」という印象を持って味わえた。 流行りの味という感じではなく、独自性があるのだが昔食べていたので懐かしいという意味では馴染みがあり…不思議な感覚だった。 麺はちょっと他の要素に比べてパワー不足感が否めなかったが、豚骨好きであればまず美味しく食べられる一杯じゃないかと思う。 抜きん出る刺激性やアグレッシブな感じではないが、豚骨臭がまったく無く、落ち着いて安定した味ながらもコクを強く感じる女性も好める豚骨ラーメンという印象か。

※星の数は個人的好み度です。あくまで質の良さ云々を表す数値ではありませんのであしからず。


▲ページの先頭へ戻る

※検索で辿り着いた方はこちらよりアンチドーテHPのトップページへ移動出来ます。