ブクロ白書番外編 ~東京都~ 9page

※行ったその時々により、コメントや個人的評価も変化します。

北海道らーめん 鷹の爪 新宿店
個人的ランク☆☆☆☆☆最寄り駅代々木駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~23:00定休日無休
メニュー龍の雫880 醤油(塩)らーめん700 味噌らーめん800 焦がし醤油780 白龍880 龍の極980
鷹の爪ラーメン 鷹の爪外観
【2017.09.28訪問・龍の雫を食】
【店舗】
代々木駅から徒歩5分ほど、新宿方面に向かったところにあるお店。 店内はカウンター席が5席、テーブル席が2人掛けのものが4つ… と思ったら奥の方にもカウンター席が3つありました。 かなり綺麗な造りで、モノトーンベースの内装ですが程よくカジュアルです。 アジア系の店員さんが切り盛りしていました。 メニューは、龍シリーズ、焦がし香味油シリーズ、らーめんの三種に分かれていて、その中でも醤油、塩、味噌に分かれている形。 つけ麺は扱っていなさそう。 龍シリーズにしろ焦がし香味油シリーズにしろ焦がしものがウリっぽい。 麺が低加水麺と中加水麺から選べましたが、低加水麺をチョイス。 加水率の違いで麺を選べるのは珍しいな。 ビローンと長いチャーシューが特徴的な一杯が着丼しましたが、提供時間はなかなかに早かったです。
【麺】
中細のウェーブがかったストレート麺です。 硬めで弾力があり、プリッとしたいかにもな中華麺然としていて、ややもそっとした感覚が確かに低加水麺。 わりと量もあって、食感・ボリューム共にかなり心地よかったです。
【具】
でかいチャーシュー、でかいきくらげ、でかいメンマ、ネギ、海苔。 ダイナミックな具の数々ですが、量や種類はそうでもないかな? チャーシューは昔の中華そばによく入っていたやつで、薄く、硬めで脂身が少ないタイプ。 久しぶりに食べましたが懐かしさを感じました。
【スープ】
熱々の醤油スープです。 魚介系焦がしラードというのが効いているのか油が強めの印象で甘みを感じるのが特徴的。 ただ、魚介っぽさや焦がしっぽい独特さはあまり無く、丸みを感じる熱々の醤油っぽさの方が前面に出ていました。
【総評】
うん、美味しかった。 ホッとするような昔ながらっぽさの中にほんのり今風さを感じる一杯でした。 ちょっとオイリーな感じですが、昔ながらのあっさり中華そばを好む人には良さそう。 麺もスープも両方とも好印象で、地盤のクオリティの高さはなかなかのものに思えます。 ただ、具が見た目のダイナミックさに相反するように乏しさを感じました。 デフォルトのラーメンと違うのは魚介系焦がしラードだけなのかな? と感じてしまうほど得盛り感が無く、この価格であればせめて味玉なり他の一品が欲しかったところです。
鶏そば ムタヒロ 2号店
個人的ランク☆☆☆☆☆☆★最寄り駅国分寺駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間【昼】11:30~15:00 【夜】18:00~23:00 日曜日は21:00閉店定休日なし
メニュー鶏特製そば950 鶏そば(塩鶏そば)750 鶏つけそば(塩鶏つけそば)800 トリアブラソバ700 米二郎ご飯300
鶏そばムタヒロラーメン 鶏そばムタヒロ外観
【2017.10.09訪問・鶏特製そばを食】
【店舗】
開店して5分後くらいに行きましたがすでに満席に… 更に5分が経過したらすでに店外に行列が出来ていました。 恐るべし…! これは開店5分前くらいに行くのが吉かも。 カウンター席10席の狭い空間で、お手製感ある独特な内装。 お洒落という感じではないですが、家庭感があるからかどことなく親しみを感じますね。 若い3人のスタッフが切り盛りしていましたが、例によって麦わら帽子を着用。 空調が手前側と奥側とステレオで効かせられていたり、紙エプロンを付けるか聞かれたり、サービス面が他店同様好印象です。 メニューで気になったのはサイドメニューの米二郎という二郎系のご飯もの。 食事制限中でなければ食べてみたかったなあ。 麺の硬さや、柚子胡椒か生姜を入れるかを聞かれたので、麺硬め・生姜をオーダー。 行列待ちから数えて30分ほど待ってようやく着丼しました。 生姜は別皿に乗っていて、「食べている途中で入れて下さい」とのことです。
【麺】
ピロピロっとした幅広のウェーブがかった平打ち麺。 全粒粉なのかツブツブが麺に練り込まれていて、思ったほど硬くはなかったですがもっちりしていて心地よい噛み心地でした。 好みとは違うけど美味しかったな。 ボリュームも程々。
【具】
豚チャーシューに鶏チャーシュー、ネギ、三つ葉、味玉、メンマ、海苔。 さすがに豪華です。 チャーシューはわりと薄切りでしたが柔らかくて食べやすく、ほんのりとした肉の旨味と共に喉にスッと消えていきました。 味玉は塩味濃いめでしたがアクセントとしては良好。
【スープ】
スッキリサッパリとした味わいの醤油スープ。 油がやや強めでオイリー感がありましたが、鶏の出汁とそぼろ肉が心地よく、ついクイクイと飲んでしまいました。 生姜で味変してからはパンチの効いた味わいに変わりましたが、思ったほど強くはなく優しいパンチでした。
【総評】
うん、さすがに美味しかった! 麺、具、スープ、いずれもしっかり練られていて、隙の無い完成度の高い一杯だと思います。 コクのあるあっさりめの味わいなので、万人受けもしそう。 ただ、個性や新鮮味には乏しかったかな…… 鶏鶏しいというほどではなく、醤油に鶏をブレンドした一杯という感覚でした。 結構顔なじみがいるらしく、スタッフさんとお客さんが時折会話しているシーンも。 30分の待ち時間は長かったですが、スタッフさんが低姿勢で丁寧かつしっかりした応対をしてくれていたので、気持ちよく退店。 次はつけ麺と米二郎の組み合わせを試してみたいな、お腹を思い切り減らしてから…
ローストビーフ油そば ビースト
個人的ランク☆☆☆☆☆☆★最寄り駅西武新宿駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~翌朝8:00定休日無休
メニューローストビーフ油そば(シングル)900・(肉増しダブル)1300・(肉増しクィーン)1700・(肉増しキング)2400 温玉100
ローストビーフ油そば ローストビーフ油そば外観
【2017.10.21訪問・ローストビーフ油そば(シングル)と温玉を食】
【店舗】
歌舞伎町の奥の方にあり、目立つ外観でもないのでちょっと近隣を探すことになるかも? 店内はカウンター席が8席、テーブル席が4人掛けが1つ、2人掛けが5つは見えましたが、奥の方にもまだ席はありそう… 入り口は狭い割には、わりと面積は広そうです。 新店なのかかなり綺麗な造りで、明るい木材の和風な造りですが、黒がアクセントとして入っていてシックな感じでもあります。 今時な感じですが、なぜかレトロな曲が流れていて、居酒屋にいるような気分になってくる…… メニューは文字通りローストビーフ油そばが定番メニューとしてあって、他には辛味噌ビースト、クリームビーストというのもありますが、基本は油そば×ローストビーフっぽい。 ローストビーフが使われているためかさすがに価格帯はやや高め。 トッピングも色々とあり、それと『追い飯無料』というのがやたらと目を引きますね。 待ち時間がそこそこに、ピンク色のローストビーフが特徴的な一杯が着丼。
【麺】
ぶるんとしたもっちり縮れ麺ですが、わりと油そばとしては太くはない方かも? もちもちしていてすでにタレの味が染み込んでいましたが、もう少し太麺でも良かったかも。 さすがにボリュームもあまり無く、もう少し欲しかったです。
【具】
温玉、ローストビーフ、玉ねぎ、カイワレ大根、挽き肉、そしてマヨネーズが添えられています。 あまりマヨネーズは摂取したくなかったので端に寄せました。 ローストビーフは薄切りですがわりと枚数はあって、心地の良い肉肉感。 さすがに美味いや……サッパリした後味なので飽きずに口に運べました。
【総評】
基本的には、麺→ローストビーフ→麺→ローストビーフの順で口に運ぶだけなので単調な流れですが、そのへんは考えられていて卓上にはかなりの量の調味料が。 酢&ラー油ver.をまず試し、ガーリックフライドオニオンver.を試し、くきわさびver.を試しました。 んー、ジャンクジャンクなフライドオニオンも良かったけど、サッパリとして渋みのある味わいになったくきわさびver.が一番良かったかな? 温玉の影響もあるのか、タレの影響もあるのか 全体的に甘みが強めな味わいだったので、グッと味を引き締めるくきわさびが合いました。 食後は追い飯を貰いましたが、……ちっさ! まあ無料だからいいか。 色々と食しましたが、やっぱりお腹一杯というほどにはならないかな…… 味の満足度は高かったのでまあいっかとなりましたが、欲を言えばもっとガッツリと頂きたかったところです。
麺屋 利休
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅JR中央線:国分寺駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:30~15:00 17:30~21:00定休日水曜日夜の部・木曜日
メニュー味玉醤油らぁめん880 醤油(塩)らぁめん780 辛らぁめん830 つけ麺780 まぜそば730
利休ラーメン 利休外観
【2017.11.12訪問・味玉醤油らぁめんを食】
【店舗】
国分寺駅北口から数分のところにある高評価のお店です。 つけ麺が主体かと思ったけど、メニュー表を見た感じでは醤油ラーメンがメインかな? 店内に入ってまず思ったのは、昼間にも関わらず暗い…! ほんのりと照明が落とされたバーのような雰囲気で、ダークな色調の内装でかなりシックです。 造りはかなり綺麗で、洒落たBGMが流れ、今風のラーメン屋の体。 2人の若い店員さんが切り盛り。 麺の量が並・中・大から選べましたが、肥え具合を懸念して並をチョイス… 待っている間卓上を眺めていましたが、調味料は七味と塩コショウ?のみでシンプルですね。 紙エプロンやおしぼり、ヘアゴム等のサービスもあるようです。
【麺】
中くらいのツルツルもちもちなストレート麺。 硬さは硬くも柔らかくもなく程よい感じでしたが、印象としては埋もれる感じでした。 並でもそこそこのボリュームアリです。
【具】
味玉、メンマ、海苔、チャーシュー、ネギというオーソドックスな布陣。 味玉は淡白な味わいでしたがギュッと身が詰まったどっしりした感じ。 チャーシューは柔らかいバラロールが一枚でしたが、ドーンとしたサイズでさすがにアクセントとしては具の中では一番強く、肉の旨味を麺と共に堪能できました。
【スープ】
一番印象深かったのがこのスープで、単純な清湯系醤油ではなく魚介豚骨ですかね、煮干しが強めでざらりとはしないものの 魚粉のような繊維を感じます。 苦味でエッジが効いていましたが、飲み終わりはまろやかで後味はスッキリ、かなりの絶妙なバランスで飲み応えのあるスープでした。
【総評】
うん、店名の印象から受けるそのまんまに近かったですが、和な感じと品がある美味しい一杯を頂けました。 煮干しが強い一杯とは思わなかったですが、弱点の無い煮干しという感覚で、まったく抵抗を感じず心地良く退店。 ただ斬新さや突出するような個性は乏しい印象で、優等生感覚よりは抜けた印象ですが、単純に煮干し押しの美味しい一杯を堪能したいならGOなお店、という感覚でした。
麺や 庄の
個人的ランク☆☆☆☆☆☆☆最寄り駅市ケ谷駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間[月~金]11:00~15:00/17:00~23:00 [土・祝]11:00~23:00 [日]11:00~17:00定休日無休
メニュー味玉らーめん860 らーめん760 特製らーめん960 肉盛らーめん1060 つけめん790 釜玉つけめん900
庄のラーメン 庄の外観
【2017.11.29訪問・味玉らーめんを食】
【店舗】
濃厚豚骨魚介スープ。 うん、一・二を争うくらい好きな響き。 店内はカウンター席が15席、細く奥に伸びていて、都会的だけどお手製感のある味わい深い内装。 4人のスタッフがテキパキと切り盛りしていて洒落たBGMが流れ、何となく『デキる』雰囲気を醸し出しています。 メニューは変わり種としては、釜玉つけめん、旨辛和え麺、女性人気No.1という一汁三菜つけめんがあるあたり。 しかし、表の看板にはラーメンが最初に書かれていましたが、中の券売機にはつけ麺が先に置かれ、どちらが推しか分からない感じ。 しばらく待ったのち、『これはどう見ても美味しいだろ』っていう濃厚そうで見るからにイケ麺な一杯が運ばれてきました。 味玉らーめんでこの煌びやかさであれば特製らーめんだとどんな一杯が運ばれてくるんだろうか…
【麺】
中細のムッチリしたストレート麺。 四角い断面でゴムを思わせるほどコシが強くてしなる麺で、蕎麦っぽい風情も感じます。 純粋に一口食べただけで『当たりだ』と思わせる、主張が強く美味しい麺でした。
【具】
刻み玉ねぎ、焦がしネギ、ネギという三種のネギに、海苔、チャーシュー、穂先メンマ、味玉という、なかなかに見応えのある布陣。 玉子はジュレっぽい黄身でわりと淡白めな味わいでしたが、濃厚なスープの中逆に存在感がありました。 チャーシューは見た目通りサクッとした食感と絶妙な味付けが施された強い肉の旨味
【スープ】
とろみが強く濃厚な魚介豚骨スープ。 う、美味い……! 魚介が強めで若干謎の酸味を感じるオリジナリティある味わい。 またおま系のようでいて個性をしっかり出しているところがニクいです。 こってりそうでいて酸味が貢献したのか重くは感じない、絶妙な味でした。
【総評】
これは……美味い!! 麺とスープが格別に美味しく、相当ハイレベルな一杯に思えました。 ここまで辿り着くのに相当練られたんだろう、バランスが良くて濃厚さとサッパリさを両立している中、個性も発揮している。 なかなかに他では味わえない完成度の高い一杯でした。 近隣のお店ではないのが実に惜しい……! また行くことがあれば、特製らーめんやつけ麺を試してみたいです。
本格中華蕎麦 ゆるぎ
個人的ランク☆☆☆☆☆最寄り駅西武新宿線:野方駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間〜23:00定休日水曜日
メニュー特製醤油らぁめん950 醤油(塩)らぁめん750 つけそば(塩つけそば)800 味玉醤油らぁめん850
ゆるぎラーメン ゆるぎ外観
【2017.12.16訪問・特製醤油らぁめんを食】
【店舗】
野方駅の駅近の『本格中華蕎麦』と書かれたラーメン屋です。 内装はラーメン屋らしい感じですが飾り気が無くて特徴に乏しく、居抜きっぽい感じ。 カウンター席7席のみで空間としては狭めですが、キツキツな感じではないです。 メニューは、醤油らぁめん、塩らぁめん、つけそば、塩つけそばとジャンルが分かれ、それぞれの内容は特製、ノーマル、チャーシュー、味玉の4種でかなりオーソドックス。 今後追加されるのかもしれないですが、現状変わり種的なラーメンは無いですね。 特製だけあって豪勢な、ネギ類とチャーシューが映えた一食が運ばれてきました。
【麺】
かなりの細麺ですね。 四角い形の平打ち麺で、柔らかめ。 気品があってツルッとしていて確かに蕎麦の風情ですが、個人的にはもっと硬さが欲しかったです。
【具】
紫玉ねぎに普通のネギ、チャーシュー2枚、鶏チャーシュー、穂先メンマ、味玉。 2種のチャーシューの味わいの違いを堪能できたのと穂先メンマのシャキシャキの歯応え、とろっとした黄身の味玉など押しどころはありましたが、鮮烈さには乏しい印象でした。
【スープ】
チャーシューもそうですがスープは紀州うめどりを使用しているとのこと。 黒々としたスープですが意外とスッキリとしていてややビターな味わい。 ほのかに甘く、まろやかで優しい味でしたが、もう少し尖ったものがあると個人的には嬉しかったです。
【総評】
うん、ビジュアル良し、味良しでなかなかにクオリティの高い良好な一杯でした。 ただ、麺の柔らかさとスープの丸みのためかパンチには欠け、ぼんやりとした印象で終わった感も否めませんでした。 直球で攻めたような正当派な一杯で良くも悪くも優等生的な立ち位置に思えますが、群雄割拠の野方の地でどう戦っていくのか見ものなお店です。
ラーメン雷鳥(サンダーバード)
個人的ランク☆☆☆☆☆☆☆最寄り駅東京メトロ:茅場町駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~14:00 17:00~22:00定休日土曜・日曜・祝日
メニュー1号ラーメン750 2号ラーメン780 3号油そば780 4号つけ麺780 5号汁なし担々麺780 1号ラーメン改750
サンダーバードラーメン サンダーバード外観
【2018.1.22訪問・1号ラーメンを食】
【店舗】
店内はカウンター席が6席、テーブル席が2人掛けのものが5つ、そこそこの広さで綺麗な内装ですが、張り紙の一つも無いくらい装飾に乏しく、サッパリした感じ。 ホワッとした照明が落とされた暗めな空間で、都会的な感じです。 わりとすぐ入れましたが、自分が席に着いた途端、次から次へと雪が降りしきる中お客さんがやってきて一気に満席に……入ったタイミングが良かったらしい。 1号・2号は共に醤油ベースで、1号はサッパリめ、2号は濃厚めのラーメンらしい。 夜限定で5号汁なし担々麺、1号ラーメン改というのもありました。 そこそこの待ち時間ののち、『これぞThe・ラーメン』というような一杯が登場。
【麺】
四角い断面のストレート麺で、意外にも結構な太麺。 しかしプリッもちっとした弾力が衝撃的! 自家製麺らしいですが、なるほどこれはなかなか他に類を見ない麺のわけだ。 食感と味を楽しんでいたらあっという間に消えていきました。
【具】
海苔、炙りチャーシュー、メンマ、ネギ、青菜という醤油ラーメンの具としてはオーソドックスな布陣。 味玉を入れれば良かった、失敗したな… しかし炙りの香ばしい風味が心地良いチャーシューにごん太なメンマ、具もしっかり美味しかったです。
【スープ】
深みのある茶色い色味ながらもスッキリとした味わいのスープで、熱々。 しかし奥久慈しゃもが使われているらしいですが、その恩恵なのか、スッキリながらもしっかりしたコクと旨味があって美味い! 麺に続き衝撃的でした。 甘み・苦み等のバランスが良く、最後まで飽きずにクイクイと啜っていました。
【総評】
うーむ、麺とスープの主軸が骨太な、しっかり美味しい一杯で人気店なのも納得でした。 麺の太さとスープがアンバランスな感じはしましたが、個々の美味しさが際立っていてそれぞれ楽しめたのであまり気にならず。 具も追随するように美味しさを発揮していてなかなかに隙の無い、完成度高い一杯だったと思います。 雪が降って凍てつく寒さの中、良いもので身も心もほっこり温められた…  食後感も良く、身体に良いものを食べたような感覚で退店出来ました。
らーめん 忍者
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅秋葉原駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~22:45(日祝は21:30まで)定休日無し
メニュー忍者らーめん1050 らーめん730 スタミナらーめん880 味噌らーめん800 油そば750 つけ麺800 子豚らーめん680
忍者ラーメン 忍者外観
【2018.1.30訪問・忍者らーめんを食】
【店舗】
地下鉄の方から歩いて3、4分ほど、JRの方だともう少しかかるかも。 大通りに面していて煌々とした黄色い看板が目立つので、分かりやすい立地ではあります。 店内はカウンター席が10席前後の小さめかつラーメン屋らしい造り。 お昼時で若干並びました。 いわゆる二郎系ってやつですが、つけ麺や油そばもあって、一応一通りジャンルは揃っています。 めし、豚玉めしなどのご飯ものは売り切れていましたが、普段は扱っているんでしょうか。 『忍ぶ気まったく無し!』みたいな面白いフレーズと共に爆盛りの肉が盛られていたポスターを見て忍者らーめんをポチッ。 例によって○○マシとか聞かれたのでニンニクあり、野菜マシでお願いしました。 肉肉しい凄いのが来ました。
【麺】
ガッチリしたボディのややウェーブがかったストレート太麺。 重みがありつつもほんのり弾力がありかなりの食べ応え。 一応完食はしましたがスープを吸っていたためか想像以上にボリューミーに感じました。
【具】
野菜マシなのに野菜の存在感を覆うほどの、猛々しい3種の肉が目を引きます… 分厚いバラロールに、とろとろの柔らかい角煮感覚のお肉がドーンと入り、あとは味が濃いめのほぐし肉がパラパラと。 野菜はもやしベースにキャベツがところどころといった感じ。 何気に海苔三枚が入っていたのがありがたかったです。
【スープ】
甘さとしょっぱさが前面に出たエッジの効いた醤油ベーススープ。 程々の脂感で、特別こってりな印象は無かったです。 旨味が強くて味は良かったんですが、しょっぱかった印象が強いからか、あまりクイクイとはいきませんでした。
【総評】
このところは食べ残しをしたことがなくて自分を過信していたところもあったんだろうけども… 久々に、轟・沈!! 肉が6割ほどしか食べられず、残してしまいました… 他は全部食べられて、胃も若干空きはあるにはあったんですが、肉の脂っぽさと甘みが受け付けないのか途中から箸が進まず。 麺だったらいけたと思うんですが、肉ってあまり量を食べられないもんなんだな…と思い知りました。 でも味は良く、ぜひとも他のラーメンでリベンジしたいお店です。 忍者半豚らーめんというのがあったら良かったのに笑 素直に特製らーめんを頼んでいれば良かったのか。 あとニンニクはチップのものが入ったり、結構強めでした。
麺TOKITA 代々木店
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅代々木駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~22:00定休日日曜、祝日
メニュー海老泡つけ麺850 特製海老泡つけ麺1100 海老味噌ラーメン800 濃厚つけ麺780 辛つけ麺850 煮干しつけ麺780
TOKITAラーメン TOKITA外観
【2018.2.9訪問・海老泡つけ麺を食】
【店舗】
代々木駅の東口側に出来た新店です。 店内はカウンター10席ほどで、奥行きがあるものの狭めな空間。 ピカピカで綺麗な内装で、白を基調とした洗練された都会的な造り。 テレビが備え付いていて、洒落たサウンドが流れ、都会的な雰囲気を更に立てています。 ただ、トイレが屋外の共用部分の二階にあるらしく、そこはやや難点。 海老押しのお店みたいですが、店内はさほど海老っぽい香りはしませんでした。 一通りジャンルは網羅されていますが、並び順で言えばどちらかというとつけ麺押しのお店っぽい。 並盛りか大盛りか選べたので、大盛りをチョイス。 んんっ?水のグラスがでかっ! 卓上にはカレー揚玉、ヘアゴムなどが置いてあり、茹で時間が5分40秒とか細かく書かれた張り紙など眺めたりしていたら着丼しました。
【麺】
つけ麺としてはやや細身のボディに思えるウェーブがかった麺。 ツルン・もちもちしていてしっかりとした噛み心地でしたが、大盛りでもそこまでボリューミーではなく、苦しくなるほどの量ではなかったです。 つけ汁にもしっかり絡んで良好。
【具】
無し、に思えましたが、つけ汁の方にちゃんと入っていました。 ゴロッとしたごん太メンマに、これまたゴロッとしたサイコロ状のチャーシュー。 そしてネギ。 量はさほど無かったものの食感・味共に美味しく、ナイスなアクセントでした。
【つけ汁】
海老の風味がモワンとする、とろみのある濃厚な味わいの白湯スープ。 泡は恵比寿の初代の白いカレーうどんを彷彿とさせますが、こちらはジャガイモで出来ているわけではなく、ただの生クリームのよう。 クリーミーでまろやかになる感触はありましたが、味への貢献はあったのかどうか…? ただ、珍しい感覚だったものの純粋に美味しかったです。
【総評】
うん、ただ珍しいだけではなく、しっかり美味しかった一杯でした。 カレー揚玉の味変もしっくり来る美味しさだったし、スープ割りでサッパリめの魚介風の味わいも堪能出来たし、三種の味わいを堪能出来るなかなかにお得度の高い一食だったと思います。 若干高めの価格設定ですが、満足度高めでお腹にも溜まったのでコスパも悪くは感じなかったかな。 個性を出しつつもしっかり美味しいツボを突いてくる、気合いの入った攻めの姿勢をお店側から感じましたが、もっと評価は高くて良いように思いますね。
珍来亭
個人的ランク☆☆☆☆☆☆★最寄り駅中央線の吉祥寺駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:30〜17:00 18:30〜24:00定休日水曜定休 休日の場合は営業 たまに不定休あり
メニューラーメンセット730 味付玉子120 ラーメン530 特製ラーメン960 油ラーメン550 塩ラーメン530
珍来亭ラーメン 珍来亭外観
【2018.2.17訪問・ラーメンセット+味付玉子を食】
【店舗】
吉祥寺のハモニカ横町にて、たまたま通りがかって入店したラーメン屋。 あの立地自体、狭々としたお店がギッシリとひしめき合った感じですが、こちらもとても狭い店内で、カウンター席3席とテーブル席が1つのみ。 ただ当然ながら2階席もあって、急な階段が逆に味わい深いなと思いながら上ったら、そちらはテーブル席が3つ、カウンター席が1つ、お座敷席も2つありました。 ラーメン屋でお座敷席とは珍しい…と思ったら、何と3階へ行く階段も発見! こういうところならではの造りというか、年季は入ったお店ですが見てるだけで楽しくてやたらとキョロキョロしちゃいましたね。 11時半~17時まで禁煙タイムみたいです。 ラーメンは醤油味、油ラーメン、塩味、味噌味が主軸で、つけ麺以外は一通り網羅。 一番力が入っているのは醤油味のようで、セットメニューがあるほか、珍来メン、ワンタンメン、ねぎラーメン、メンマラーメン、カレーラーメン、特製ラーメンなど多彩なバリエーションがありました。 ご飯ものや、餃子や野菜炒めや焼きそばなどの一品料理もあるほか、餃子やメンマのお持ち帰りも出来るよう。 ラーメンに半チャーハンが付いたラーメンセットをオーダーしました。
【麺】
中太の縮れ麺。 柔らかめでしたがムニッとしていて食べ心地は悪くなく、食べやすさと食べ心地の良さが同居した感じで、これはこれでいいなと思えた優しい食感の麺でした。
【具】
チャーシュー、味玉、海苔、メンマ、ネギ、小松菜というオーソドックスな具。 味玉は黄身がトロッとしていて半熟より前の段階、チャーシューは小ぶりかつ硬めで、昔の中華料理屋のラーメンでよくあるタイプ。 海苔は小さくてしなしなで、一番良かった具を挙げるとしたら味玉だったかな。
【スープ】
一口飲んで『んっ!』となった美味しい鶏ガラ&醤油です。 甘みと苦みがほんのりある中、グッと強い旨味が全体を覆っていて、サッパリとした感覚ながらもコクが強くて中毒性高し。 これは長年守り続けたくなる味なわけだ…と納得のいく、バランス良く完成度の高いスープでした。
【総評】
うん、昔ながらのオーソドックスな中華そばという感覚ながらも、ベースの麺とスープの味がしっかり美味しく、それでいて安く… 評判を何も見ずに入ったお店でしたが、正直、調べずとも高評価なのが確信出来た味でした。 チャーハンもボリュームは少なめながらも程良い炒めっぷりでジューシーでウマウマ。 ただ口拭きの類が無かったところが難点だったかな。 老若男女に好かれるお店の印象で、実際高齢の方や小さな子供もいて賑わっていました。 昔ながらの醤油ラーメンが好きな方にはお勧めなお店です。
西海
個人的ランク☆☆☆☆☆最寄り駅山手線の目白駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~翌1:00定休日??
メニュー胡麻担々麺930 広東麺800 ラーメン650 味噌ラーメン800 酸辣湯麺880 麻婆麺800 五目つけ麺800
西海ラーメン 西海外観
【2018.2.25訪問・胡麻担々麺を食】
【店舗】
目白駅から歩いてすぐのところにあるラーメン屋…と思ったらご飯ものもかなり豊富に揃えている食事処のようでした。 店内はかなり奥行きがある細長い面白い造りで、9個くらい2人掛けのテーブル席が手前から奥まで連なっていました。 奥の方にカウンター席があるっぽいですが遠過ぎて見えず、詳細は未確認… 木造のカジュアルかつ無個性な内装で、扱っている料理といい、店の雰囲気といい、小洒落た日高屋と言えば感覚は近いかもしれません。 外人さんスタッフが応対。 価格帯は650〜930円くらいで高くも安くもなく。 ご飯ものに半ラーメンが付いたセットを頼もうかと最初思ったんですが、こういうのは両方とも中途半端で中途半端な満足感になりがちなのであえて麺方向に振り切り、胡麻担々麺をチョイス。 待ち時間はそこそこあったように思います。
【麺】
中細の縮れ麺で、特別個性は感じない普通の印象でしたが、硬めの茹で加減でプリッとしていてスープをちゃんと掬い、わりとしっかり美味しい感覚の麺でした。
【具】
もやし、挽き肉、チャーシュー、もっさりとした大量のネギ、青梗菜。 『おっ』となったのがチャーシューで、肉の旨味がしっかりあってサクッとした歯応えの肩ロースでした。
【スープ】
鶏ガラベースのピリ辛以上のしっかりした辛さが味わえた熱々スープ。 程良い辛さとまろやかさで飲んでいて『うん、美味い』と思えて思った以上に好印象なスープでした。 つい半分以上啜ってしまった…
【総評】
うん、あまり期待してなかった中ではわりとしっかり美味しいと思えた一杯でした。 特に個性は感じなかったですが、味で言えばそのへんのチェーン店よりは美味しい印象かも? 相方さんは広東麺を頼んでいてそっちも少し食べさせてもらいましたが同等のクオリティを感じたので、ベースの味がしっかりしているんだと思われます。 ボリュームもそれなりにあって程良い満腹感。
町田家 新宿南口店
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅新宿駅・新宿三丁目駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~22:00(日・祝は20:00まで)定休日無休
メニューラーメン中盛820 ラーメン並盛720 しおラーメン並盛720 辛ラーメン並盛770 ねぎラーメン並盛770
町田家ラーメン 町田家外観
【2018.3.22訪問・ラーメン中盛を食】
【店舗】
新宿駅の新南口(か東南口)から数分ほどのところにあって、駅近ですが分かりづらい場所で意外に知れていなさそうな立地。 店内はL字型にカウンター席が17席配置された奥行きある造りで、造り自体は年季を感じるんですがところどころパーツが新しい不思議な感じ。 装飾っ気が無いシンプルな内装です。 見た目ヤンキーっぽい感じですが丁寧な応対の店員さんが応じてくれました。 メニューは明太子ご飯が付くめんたいラーメンセットというのが気になりましたが、1100円という高額なので敬遠… 家系スタイルで麺の硬さや油の量など調節出来ましたが、いつも通り麺硬めのみオーダー。 提供時間はかなり早めで、すぐ来た印象でした。
【麺】
重みある中太ストレートで、期待したほどの硬さではなかったですが、まずまずの硬さと程々の弾力感です。 中盛りだとやや多いかなくらいの感覚で、まあ並でも良かったかな…
【具】
パリッとした三枚、ほうれん草、海苔、ネギ、チャーシュー。 チャーシューはバラロールでシーチキン感覚のサクッとしたほぐれ具合と味わいで、やや小ぶりでしたが味は良好。 海苔とほうれん草の口の中をサッパリとさせるアクセントも良かったですが、味玉を入れなかったのは後悔しました。
【スープ】
ややサッパリした感覚だったものの雑味のない心地良い味わいの豚骨醤油。 豚骨臭はまるで無く、程々のコクと濃厚さで絶妙なバランス… 家系は飽きが来やすいんですが終始飽きなかったのが凄かったですね。 全ての要素中、一番の押しに思えました。
【総評】
なるほど、土台となるスープのクオリティの高さに支えられた一杯でしたね。 食後感がまったく重くなかったという意味では貴重な家系かも。 ただ、鮮烈な味わいだったかというとそんな感じではなく、尖った感じではないので印象が埋もれやすい気がしました。 ランチタイムで半ライスサービスなどのサービスがあればなお良かった。 あとはやはり並盛・味玉・海苔増しとかにすべきだった。
天下一 代々木店
個人的ランク☆☆☆☆★最寄り駅代々木駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~翌2:00(金・祝前は翌5:00まで)定休日??
メニューこがし醤油ラーメン&半チャーハンランチ572 天下一タンメン680 ラーメン500 黒こがし醤油ラーメン650
天下一ラーメン 天下一外観
【2018.4.11訪問・こがし醤油ラーメン&半チャーハンランチを食】
【店舗】
代々木駅から歩いて1分もかからないかな、駅前の商店街の並びにある赤い看板の中華料理屋。 店内は二階席もあるようでしたが、一階はすべてテーブル席で、全14人くらい座れる感じ。 広くはない空間です。 使い込まれた感じでかなり年季が入っていて、衛生的な感じはなく、雰囲気はお世辞にも良いとは言えず… 厨房の近くの席に座ったんですが、時折香ばしいとは言えない妙な臭いが鼻を突いたのが気にかかりました。 メニューはランチメニューが530円〜で安く、定食系も麻婆豆腐定食やホイコーロー定食など定番どころが並んでいました。 今回はラーメンとチャーハンと餃子のセットという贅沢な三種で挑んでみました。
【麺】
中細の黄色みがかった縮れ麺でオーソドックスな感じでしたが、プリッとしていて硬めで、結構好きなタイプの麺でした。 要素の中では一番良かったかも。
【具】
ネギ、ほうれん草、メンマのみで、素うどんならぬ素ラーメンに近い感じ。 特筆すべき要素は無かったですが、メンマのコリッとした食感のアクセントがほんのり嬉しかった、くらいです。
【スープ】
黒々とした醤油スープですが、背脂が程々に効いていて尖った感じは無く、甘じょっぱい丸みを帯びた美味しさ。 焦がしっぽさはよく分からなかったですが、悪くはなかったです。
【総評】
具が乏しかったのが寂しい感じでしたが、味は悪くはなかったです、麺が全体を牽引していた印象でした。 ただ、半チャーハンは玉子と人参入りでしたがパラパラではなくやや粘度高めで若干パサつきがあり、淡白な味わいながら油が強めで『うーむ』という感じでした。 悪くはなかったですが『美味い美味い』と言って食べる感じではなかったな。 ジャンボ餃子は文字通りジャンボで『おっ』となりました。 パリッとした皮で熱々ジューシー、ニンニクの効いた野菜の繊維感の強い餡で、素直に美味しい。 三品の中では一番美味しかったかもしれないです。 総じてフードコート感覚な感じの面々でしたが、餃子は一つ抜けた印象。 体感としてラーメンは350円くらい、半チャーハンは150円くらいかなと考えると決して530円という安さでもコスパ良好な感じでは無かったですが、取り立てて悪いわけではなくまあまあな印象。 どちらかというと味よりも環境の方が気になったかも。 お会計が777円という無駄にほっこりする価格で、お店を後にしました。
横浜家系ラーメン 代々木商店
個人的ランク☆☆☆☆☆☆最寄り駅代々木駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~翌3:00定休日無休
メニュー代々木スペシャル880 とんこつ醤油(塩味とんこつ)680 チャーシュー麺900 濃厚とんこつ味噌ラーメン800
代々木商店ラーメン 代々木商店外観
【2018.5.1訪問・代々木スペシャルと無料ライスを食】
【店舗】
代々木駅より2、3分ほどのところにある家系ラーメンのお店。 席はカウンター席が9席、テーブル席が4人席が3つ、2人席が1つ、狭めな印象ですがテーブル席が複数あるだけでもラーメン専門店としては広めと言うべきか。 年季は結構入っていて二人のスタッフさんが切り盛りしていましたが、元気良くかつ丁寧な応対で、GLAYなどの懐メロBGMも相まって心地良い活気と雰囲気です。 普通のラーメンに海苔増しをしようかと思ったんですが、特製の代々木スペシャルと100円しか違わなかったのでこちらをチョイス。 『家系のいつもの』を聞かれたので、麺硬めのみオーダー。 それとランチサービスで小ライスが無料で貰えたので、ありがたく頂きました。 いかにもTHE・家系なオーソドックスなビジュアルの一杯が着丼!
【麺】
プリッとした太めのウェーブがかった麺。 そこそこ硬い程度で思ったよりしっかりした硬さではなく、重みがあってパツンと噛みちぎれる家系らしい麺です。
【具】
海苔が5枚ほど、チャーシューが3枚、ほうれん草、ネギ、うずらの玉子と味玉。 玉子は完熟に近かったですがちょうどいいくらいの味付け具合でした。 チャーシューは肉の旨味しっかりなバラロールで『よしっ!』となる美味しさ。
【スープ】
クリーミーでとろみのある豚骨醤油で、臭みはなく、甘みがありましたがそれ以上にしょっぱさが抜けていました。 マイルドなのでついクイクイ飲んでしまい、抑えましたが完飲(業界的にはカンマクと言うらしい)することも容易なほど親しみやすい美味しさでした。
【総評】
うん、これは快適な一杯だ! オーソドックスな味わいでしたが純粋に美味しく、ご飯も熱々で美味しいし、卓上には辛味噌やニンニク、お新香キュウリ、玉ねぎ、刻み生姜などのトッピングが豊富にあるので自分好みにカスタマイズ出来るのも良好。 個人的には玉ねぎが自由に加えられるのがありがたい点でした。 サービスに特化した点も魅力ですが、コスパも良さげだし気さくで温かみある接客も心地良いので、ガッツリ食べたい時にリピしたくなるお店に認定いたしました。 もっと評価高くても良いと思えています。
武蔵野アブラ学会 代々木店
個人的ランク☆☆☆☆☆最寄り駅代々木駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~翌01:00(土曜は22時、祝日は18時まで)定休日日曜
メニュー満足油そば830 油そば630 味玉油そば730 肉食油そば1000 特濃油そば730 磯風油そば750
武蔵野アブラ学会油そば 武蔵野アブラ学会外観
【2018.5.17訪問・満足油そばを食】
【店舗】
代々木駅から歩いて1、2分のところにある油そば屋。 場所は1階なんですが、階段を少し下りるため半地下のような印象を与えますね。 店内はカウンター席が15席、向かい合いの席が8席、2人掛けのテーブル席が1つ、席数はそこそこあるんですが空間としては狭く、席の間隔があまり無いためか人が入るとギュウギュウに詰まった感覚になります。 張り紙が至るところに貼られ、雑多な印象も。 ただ内装はシックで今風の都会的な感じで、空調はしっかりと効いていました。 なぜかルパン三世のテーマが終始流れていました。 メニューはパクチー油そば、汁無し担々麺、キムチ油そばなど変わり種も豊富。 あとセルフサービスの無料スープ飲み放題のサービスも行っているようでした。 並か大盛りか、それと生卵か味玉か選べましたが、並・味玉をチョイス。 待ち時間はそこそこかかりました。
【麺】
角丸四角い断面の太麺で、もっちりもちもち。 タレがしっかり絡んでいて粘度を感じそうなほどでしたが、味はそのまま食べても美味でした。 ボリュームはそこそこで、並だとやや物足りなかったかな?
【具】
味玉、海苔、岩のり、チャーシュー2枚、カイワレ大根、ネギ、メンマ、なるとというさすがな豪華な布陣。 具で埋め尽くされて麺が見えませんでした。 ただチャーシューは薄めだったし、表面が覆われただけでボリュームはそうでもなく、わりと量としては盛り沢山という感覚ではなかったです。 味玉は淡白な風味で、逆にこれはサッパリな感覚で良かったかも。
【総評】
ふむ、満足セットのわりには満腹満足には至らなかった感じでしたが、味は美味しく、概ね快適な一食でした。 麺とタレが美味し! どろ麺感覚でジャンキーな感じでしたが飽きはなく、もたれることもなく、わりと食後感も悪くなく。 ただ、当時は男性客しかいなく、閉鎖的な空間にギュッと押し込められた印象で、隣のお客さんの汁は飛んでくるし、雰囲気的には無骨な感じで良好とは言えず。 もっと席数減らしてでもゆとりある席の配置だったらありがたかったですね。
古武士
個人的ランク☆☆☆☆☆最寄り駅西武新宿線の西武新宿駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~23:00定休日年中無休
メニュー特製つけ麺880 つけ麺750 辛つけ麺800 油そば並盛580 古武士らーめん730(つけ麺は全て300g価格)
古武士つけ麺 古武士外観
【2018.5.19訪問・特製つけ麺300gを食】
【店舗】
西武新宿駅より歩いて3、4分ほどのところにあるつけ麺のお店。 ですが、外観のPOPを見るとやたらと油そばの方が推されている感じです。 奥まったところにある入り口を超えると、思ったより広めの空間が広がっていました。 カウンター席は6席、2人掛けのテーブル席が7つ、テーブル席は片側がソファ席で椅子の席も背もたれ付きで、席の間隔もゆとりあり。 赤いシートに黒い内装のシックな感じが牛骨らぁ麺マタドールを思い起こします。 ムーディー系な雰囲気で、それはいいんですが…暑い!! 空調が効いていなく、せっかくの雰囲気が台無しになっていたところが残念でした。 メニューはおつまみメニューがポテサラや餃子、唐揚げ、レンコン挟み揚げなどなかなかに充実していましたが、飲み放題30分300円というのもあり、飲み方面にも力を入れていました。 待ち時間は5、6分くらいだったか、思ったよりは早めに運ばれてきました。 味玉の黄身がツヤツヤ輝いているのが目を引く一杯です。
【麺】
思ったよりは細身なストレートで、もっさりとしたボリューム。 味は淡白めで、もっちりツルンとしていますが柔らかめ。 ワシワシ口に運べて食べやすいのは良かったですが、正直質より量な印象でした。
【具】
味玉、海苔、魚粉、メンマ、ネギ、チャーシュー、江戸菜、ほうれん草と入っていて、さすがの充実ぶり。 メンマはごん太、味玉は黄身がとろりジュレ状で甘みある優しい味付け。 チャーシューはビロッとでかく、柔らかく脂身たっぷりでかなり美味し! そしてわりと野菜分が多かったのも好印象でした。
【つけ汁】
魚介系の和風だしが強い、甘辛さとしょっぱさがバランス良く効いたつけ汁。 黒豚のゲンコツ、丸鶏のコクが効いているようですがそのままでも飲めるほどサッパリしていて、ただ、かなりオイリー。 よくある味わいといえばそうですが、しっかり美味しい一杯です。
【総評】
チャーシュー→つけ汁→麺の順で良好さを感じた一杯でした。 300gのわりにはかなりガッツリ食べた感覚で、後半は胃に収めるのにやや頑張りが必要でした。 しかしそれより何より、空調を効かせてほしかった! この日は結構気温が高めでしたが、外の方が涼しかった。 飲み用途として強みがありそうですが、〆には普通のつけ麺はちょっと重いので、半つけ麺があったらなお良かったかも。 味や空間は悪くなかったので夜にちょっと訪れてみたくなりますね。
曽さんの店 代々木店
個人的ランク☆☆☆☆☆最寄り駅代々木駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:00~翌1:00定休日年中無休
メニュー台湾ラーメン+半餃子セット830 台湾(醤油)ラーメン600 台湾(醤油)味玉ラーメン700 台湾牛スジラーメン910
曽さんの店ラーメン 曽さんの店外観
【2018.5.24訪問・台湾ラーメン+半餃子セットを食】
【店舗】
代々木駅より徒歩15秒くらい、駅前中の駅前な立地。 赤い看板にでっかく『でっかい餃子』と書かれているので、狙い撃ちしようとした人は『ん?曽さんの店じゃないの?』と思いそうですが、下にちっちゃく店名が書いてあります笑 席は11人のL字席カウンターのみで、間隔は狭めなので満席だとひしめき合う感じ。 2階もあってそちらにはテーブル席があるようですが、一人客だからなのか満席でも2階には通されませんでした。 年季が入った中華風のラーメン屋っぽい風情の内装で、うっすらラジオがかかってますが調理音にかき消されて環境音と化している…3人のアジア系の店員さんが切り盛り。 メニューは餃子セットを先頭に単品の水餃子や焼き餃子などが並び、台湾ラーメン系のメニュー、醤油ラーメン系のメニューと続いています。 アルコールやおつまみメニューもありますがおざなりなぐらいの品揃え。 台湾ラーメンは見た目は少し赤みが見える以外はシンプルでした。
【麺】
中細のウェーブがかった麺で、細身ながら表面はプリッ、食感もムニッとしていてなかなかに良好です。 硬さも程良い加減で、量は結構多めの印象でした。
【具】
メンマ、挽き肉、もやし、ニラが少なめに盛られたシンプルな具。 ニラが入っているのが台湾ラーメンらしさなんですかね。 しかしチャーシューにあたる具材が無いのでちょっと物足りなかった。
【スープ】
唐辛子の辛味がほんのり効いた醤油ベースのスープで、うっすら細かい脂の塊のようなものは浮いていますがサッパリな味わい。 コクも程々にありましたが凡庸な印象だったかな、若干担々麺感覚です。
【総評】
台湾ラーメンはかけラーメンの感覚に近く、麺とスープの美味しさを程々に堪能は出来ましたが美味いラーメンを食べに来るという感覚ではなかったかな。 餃子の方はまんじゅうのような独特な形のビジュアルで、半餃子だからか『ケタ外れにでっかい』という感じでは無かったですが、一番感じたのはモチモチでした。 厚みがあってまるでナンでも食べているかのよう、甘みの中に塩味が効いていて食べ応えがあります。 ピュッと肉汁が出て、あまり具沢山ではないものの確かにジューシーな餡。 麺のボリュームと餃子の皮のおかげか、満腹感はかなりありました。 ただ台湾ラーメンの方はメインに据える程ではなかったかな、むしろ『半台湾ラーメンの餃子セット』の方が良かった。 あとは野菜成分がもっと欲しかったなあ、一番あると良いなと思ったのは『野菜付き餃子定食』かも。 更に言えば『水餃子と焼き餃子のセット』もあればなお良かったですね。
壽(コトブキ)
個人的ランク☆☆☆☆☆☆☆最寄り駅池袋駅住所と地図はこちらをクリック!
営業時間11:30~22:30定休日不定休
メニューレモンそば880 鶏そば壽780 キクラゲそば880 味玉そば880 豆苗そば930 キノコそば980 つけそば900
壽ラーメン 壽外観
【2018.5.27訪問・レモンそばを食】
【店舗】
池袋駅西口より歩いて1・2分ほどの鶏白湯スープ系のラーメン屋。 駅からかなり近くてアクセス良好なのに、パッと見ラーメン屋と分からないほど目立たない外観なのが残念かな。 しかし店内は思った以上に綺麗で品のある内装でした。 カウンター席が11席、カウンターテーブルが広々としていて、シンプルな内装の中になぜか魚が泳いでいるシール張りなのが印象的。 空調もしっかり効いていて、クッション性のある背もたれ付きの椅子が心地良い…かなり快適な空間。 そしてラーメン屋らしからぬ、若い女性の店員さん二人で切り盛りしていたのもまた印象的でしたが、店の雰囲気もラーメンも女性好みっぽいイメージですね。 メニューは『No.1』としてレモンそばが据えられていましたが、変わり種どころをNo.1に据えているのは面白い。 こってりかあっさりか聞かれたのでこってりをチョイス。 本当に一面レモンだらけな一杯が着丼! しかし『インスタ映え』と書かれていたけど、映える…のかねこれは。
【麺】
博多豚骨ラーメンで使用されているような極細麺。 繊細で品のある印象ながらたっぷり貪欲にスープを吸い込み、食感よりとろみの方が印象的です。 量は細身だけあって少なめに感じました。
【具】
ささみのような鶏チャーシュー、キクラゲ、ネギ、レモンと、シンプルな具。 しかし圧倒的なレモンの存在感とチャーシューの美味しさで不足感は全く無く。 レモンは8の字にして箸で搾るやり方をネットで調べて搾りました笑 レモンを置く小皿が別に用意されているのが地味にありがたいサービスです。
【スープ】
とろりとした粘度の高いポタージュ系の鶏白湯スープ。 濃厚で確かにこってり感ありますが、ベースが鶏なのでそこまで重くは感じないですね。 ただ、そのままでも美味しいですがレモンを搾ると味が激変。 こってりのスープと果汁の清涼感が面白いほどケンカすることなく混ざり合い、心地良い美味しさに昇華させてくれました。
【総評】
これは……うっまい!! 鶏鶏しくどろりとした舌触りとサッパリレモンの面白美味しい一杯で、レモンの絞り具合を自分で調節出来るカスタマイズ性もまた良い点ですね。 白胡麻や柚子胡椒で味変も出来ましたが、麺×スープ、スープ×レモンの味わいを楽しんでいたら、楽しみきる前にスープが無くなってしまった。 ボリューム的な不足感がありもっと食べたいくらいでしたが、『鶏てんこ盛りレモンそば』があればなお良かったな。 ヘルシー感覚ながらしっかり美味しい貴重な一杯で、銀座の篝を思い出します。 前述したように外観の目立たなさは残念ですが、良く言えば『アクセス良好ながら穴場感あるお店』と言えそうですね。

※星の数は個人的好み度です。あくまで質の良さ云々を表す数値ではありませんのであしからず。



▲ページの先頭へ戻る

※検索で辿り着いた方はこちらよりアンチドーテHPのトップページへ移動出来ます。